ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ実験!/アドバンスドライセンス講習

2010年10月16日(sat)カモメの足あと

台風接近と前線通過の影響を受け、お天気の安定しない石垣島です。
太陽も顔を出して一応晴れてはいるのですが、海に出ると波がかなり高めでした。

本日から2日間の日程で、
アドバンスド オープンウォーターダイバーコースライセンス取得講習がスタートです。
ご主人はカメラマンで、この夏サンゴの写真撮影にお越しいただいており、
今回は奥様とご一緒に、ご夫婦でライセンス取得を目指してご参加くださいました。

台風が発生したのがちょうどお家を出発される前日。
台風の動きとお天気が気がかりでしたが、
講習初日の今日は、波が高めでしたが海の中は穏やかでした。
船の上にいた時の揺れがウソのように静かな海底で、ライセンス講習を始めましょう!

アドバンスライセンスの講習では、2日間で5ダイブ潜ります。
まず1本目は『ナチュラリストの講習』。
自然環境や水中生物にやさしい観察の仕方を考えるダイビングです。

2メートルほどの小さな“ハマサンゴ”の中にも、生態系が成立しています。
小さな“スカシテンジクダイ”たちの群れを見ていると、
この“ハマサンゴ”を取り仕切るボスのアザハタが見回りにやってきました。
ここの安全を見守る(?)ボスとして、ダイバーが来ると必ずチェックします。
ボスのご機嫌を損ねないよう、そっとここに棲む生き物たちを観察します。

石垣島 アザハタとダイバー

“アザハタ”に次ぐナンバー2の座に君臨しているのが、“サビウツボ”です。
その周りには、たくさんの“スザクサラサエビ”がせっせと小さなハサミを動かして
強面のナンバー2のご機嫌をうかがうように、体の掃除に忙しそうでした。

石垣島 サビウツボとスザクサラサエビ

少し離れたところにいた“アカシマシラヒゲエビ”の方は
“アザハタ”お抱えのお掃除係のようです。
“ハマサンゴ”の下のクリーニングステーションに“アザハタ”がやってくると
わらわらと集まって隅々まで掃除してあげていました。

“アザハタ”がどこかに行っている隙に・・・
ダイバーの指もチョコチョコと掃除してくれました(^_^)

石垣島 アカシマシラヒゲエビ

再び船の下を目指して進んでいると、
“セミホウボウ”が胸ビレを上手に使って砂地の上を歩いていました。
泳ぎが苦手なので、こちらの方が泳ぐよりも早く進むことができるようです。

石垣島 セミホウボウ

2本目は『ナビゲーションのダイビング』。
コンパスを使って、海の中での自分の位置や船の方向を見つける練習です。

石垣島 ナビゲーションダイビング

水中の景色を目印を探しながら、ダイビングポイントを一周します。
目印にしていた海の中に落ちているロープを見つけたら、船までは一直線!
おふたりの力だけで無事に船へと戻ってくることができました。

ナビゲーションダイビング

3本目は『ディープダイビング』。
水深によって変わる海の中での色の見え方や、
水深30メートルでダイバーかかる水圧を体感するダイビングです。

深い水深では、ペットボトルが押しつぶされたり、
フカフカだったウエットスーツがほぼペッタンコになったりと
地上や浅い水深での水圧との違いを見ることができました。
水深30メートルに潜っても体感する水圧は浅い水深での場合とあまり変わりませんが、
実際にはこれほどの水圧が掛っているということには驚きです。

石垣島 水圧でつぶれるペットボトル

昼間のダイビングはこれで終了。
しばらく休憩を挟み、夕方からは『ナイトダイビングの講習』をしましょう!

昼間とは違い、水中ライトで照らされた範囲しか視界がない夜の海。
そんな中でのサインの出し方、迷子になってしまった場合の対処方法などを復習して
薄暗い夜の海へと潜り、海底から湧き出す温泉を目指します。

途中では“セジロクマノミ”たちが眠っていました。
イソギンチャクのにしっかり包まって気持ちよさそうです。

石垣島 眠るセジロクマノミ

真っ暗な海中で、水中ライトの光に浮かび上がるサンゴ礁が神秘的です。
無事に海底温泉まで到着すると、
湧き出し口から出る温水と気泡が水中ライトに照らされてキラキラ、ユラユラ。
昼間の海底温泉ともちょっと違う不思議な景色です。

石垣島 夜の海底温泉

岩の割れ目の中で眠っている“グルクン”は、
昼間は鮮やかなブルーですが、夜は真っ赤なパジャマに着替えるようです。
昼間のディープダイビングの講習ではいろんな色のサンプルを持って潜り、
水深によってどのように色の見え方が変化するかを試しました。
その時も、海の中では赤い色は光を吸収・反射されて目立たなくなります。
水中ライトで照らすと鮮やかな赤に見えるグルクンの体の色も、
実は、眠っていて無防備な時にも敵に襲われない安全な色なのでしょう。

石垣島 眠るグルクン

今夜はいろんなところで寝ている“グルクン”を見つけました。
ここは“グルクン”たちのお気に入りの寝床のようです。
昼間は何百匹で群れて泳いでいるのを見かけますが、
この辺りのどこかにみんな上手に隠れて眠っているのでしょうか!?

台風13号の接近で、明日はますます波が高くなりそうです。
比較的海況の落ち着いている今日のうちにできるだけ講習を消化しょうと、
今日は昼夜合わせて合計4本のダイビングでした。
「4本!?体力的に大丈夫かな?」と心配されていましたが、
終わってみると意外と疲れもなく余裕の表情(^_^)明日も頑張りましょう!

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.