ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ台風の影響は?/ファンダイビング・ダイビング体験

2010年9月20日(mon)カモメの足あと

まだ台風の余韻が残る今日の石垣島
空は晴れて気持ちいのですが、風が強いので海はうねりが残っています。

台風のため、数日振りのボートダイビングです。
ポイントが台風の大波による被害を受けていないかが心配です。

まず1本目は海底トンネルがあるポイントへ行きました。
台風前はトンネルを埋め尽くすほどたくさんの“テンジクダイ”が群れていましたが
大波に流されてしまったのか、数は6割ほど減っていました。
それでもまだまだすごい数がいるので、相変わらずの大きな群れです。

“テンジクダイ”が減った代わりに、
“キンメモドキ”は数が増えたようで、その姿が目立ちます。
ゆっくりのんびり動く“テンジクダイ”、せわしなく泳ぎ回る“キンメモドキ”。
同じような外見をした2種類の魚たちですが、
それぞれ泳ぎ方に特徴があって面白いです。

石垣島 海底トンネルの様子

“セミエビ”に会いたいというリクエストをいただいて、
2本目はたくさんの亀裂や洞窟があるポイントへ移動しました。
穴の中や岩の割れ目などを丹念に探しましたが・・・
残念ながら、今回は憧れの(?)“セミエビ”には会えませんでした。

その代わりに、なかなか会えない“ホソフウライウオ”を発見!
枯れた海藻の切れ端そっくりに擬態して、
動きも海藻そっくりにうねりにゆらゆら揺られていました。
見事な変装ぶりに、気付かずに通り過ぎてしまいそうになります。

石垣島 ホソフウライウオ

両手に握った小さな“イソギンチャク”を振り上げて、
こちらを威嚇しているのは“キンチャクガニ”。
1センチほどの小さな体で必死にイソギンチャクのポンポンを振りかざす姿が
本人の意思とは裏腹に、とってもかわいいチアリーダーのようなカニです(^_^)

石垣島 キンチャクガニ

3本目は、大好きなカサゴの仲間に会えるポイントへ。
何回見ても飽きることがないとおっしゃる“ウルマカサゴ”を撮影しましょう♪
岩に擬態してじ〜っと潜んでいるのですが、
隠れる場所によって体の色を変える器用な魚です。
今日は緑と赤、2色の“ウルマカサゴ”に会えました。

石垣島 ウルマカサゴ

夕方からはカップルのお客様とダイビング体験へ出発です!
おふたりとも以前にダイビングを経験されているそうです。
今回が2回目のダイビングという彼は余裕の表情です♪
経験本数が多い彼女の方が、少し緊張されていて、
毎回最初は呼吸がスムーズにいかなくなってしまうそうですが・・・

今回は問題なく潜ることができました(^_^)♪
彼よりも先に海底に到着し、「まだかなぁ〜」と待つ余裕もありました。

石垣島 ダイビング体験の様子

たくさんで群れている水色の“アオバスズメダイ”、
いつも仲良く2匹一緒にいる“ハマクマノミ”の夫婦、
新しいチビちゃんも加わった4匹の“カクレクマノミ”家族など、
いつものメンバーたちは1匹も欠けることなく、この台風を乗り切ったようです(^_^)

ただ、サンゴの保育園に棲む“デバスズメダイ”の赤ちゃんたちは
ほとんど流されてしまったようで、その姿を見付けることができませんでした。
またどこかで、新しい保育園を見つけて安全に暮らしているといいのですが。

このダイビングポイントは浅瀬の砂地なのですが、
今回の台風で砂が大きくえぐられていたり、サンゴが所々砕かれていたり。
今更ながら自然の力の大きさを実感します。
あまりに変わってしまっていたので、
まるで別のポイントで潜っているようでした。

ですが、この台風で海水が大きくかき混ぜられて水温が少し下がったので、
サンゴたちも少しずつ元気を取り戻し、再生してくれると思います。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.