ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ台風準備ではなく?/ダイビング体験・シュノーケリング

2010年9月16日(thu)カモメの足あと

石垣島の南に台風11号が発生したようです。
昨日までの穏やかな青空は少し影をひそめ、灰色の雲が姿を現し始めました。
ですが、海の様子はまだまだ穏やかで透明度もよく、
今日まではシュノーケリングやダイビングを楽しむことができそうです。

石垣島 シュノーケリングの様子

昨日はファンダイビングにお越しくださったお客様は、今年も昨年と同じく、
2日間のうち1日はまたおふたりでダイビング体験にご参加くださいました(^_^)
今日も写真撮影をしながら、ご一緒にダイビングしましょう♪

前回が初めてだったダイビング体験のお客様も、
今回はその経験を生かしてスムーズに潜ることができました。
船の下の海底まで着くと、さっそく“ホンソメワケベラ”がお出迎え。
いつもは魚たちの体をクリーニングしている海のお掃除屋さんですが、
ダイバーの体まで掃除しにやってきてくれます。
仕事熱心な彼らは、掃除熱も日に日にエスカレート・・・
初めは手だけ、次はウエットスーツから出た皮膚の部分でしたが、
最近は口の周りや耳の穴の中までツンツンしてくるようになりました(^_^;)

石垣島 シュノーケリングの様子

海水の透明度がとてもいい今日は
エサを求めて泳ぐ“デバスズメダイ”たちのブルーも、
真っ白な砂地の上にいつも以上に引きたって見えます。
キラキラキラキラ光を反射して泳いでいます(^_^)

石垣島 シュノーケリングの様子

前回のダイビングで泳ぎはマスターしたので、
一年ぶりでもスイスイスイとスムーズに泳ぐことができました。
一年ぶりの石垣島の海はいかがでしたか?
ギリギリ台風にぶつからなくてよかったですね(^_^)

石垣島 シュノーケリングの様子

午後からは本日石垣に到着されたばかりのお客様を空港でお迎えして、
そのままファンダイビングに向かいます。
4月にも石垣島のダイビングをされたそうですが、
その時は岩礁でのダイビングだったので、
少し雰囲気の違う砂地のポイントで潜りたいとのリクエストをいただきました。

ご持参のカメラで、まずは“カクレクマノミ”をパシャ!
イソギンチャクの中からのぞくオレンジ色の顔は、写真のモデルにピッタリです。
このイソギンチャクには、大きな2匹の他にも、その半分くらいの小さなコ1匹と
最近仲間入りしたばかりのまだ写真に写すのも難しいような5ミリほどのコの
全部で4匹の“カクレクマノミ”たちが棲んでいます。

石垣島 シュノーケリングの様子

水中ではなかなか思うように写真が撮れないと感じることがありますが、
クマノミたちは他の魚たちのようにどこかへ泳ぎ去って行かずに
イソギンチャクの中を泳いでいるので、よく観察していると必ず止まる場所があります。
そこで狙いをすましてパシャ!
クマノミの中でも身体の大きい“ハマクマノミ”は特にモデルに最適です。

石垣島 シュノーケリングの様子

2本目は雰囲気を変えて、海底トンネルや海底渓谷のあるポイントへ。
海底トンネルの中から天井を見上げると
少し空いた隙間からブルーの光が射し込んでいます。
ストロボを消して撮影すると、その光をありのままの色で写すことができます。

石垣島 シュノーケリングの様子

1本目と2本目で、まったく環境の違ったポイントで潜りました。
棲んでいる魚も、見られる海の景色も、環境によってさまざまです。

夕方からはシュノーケリングの予定です。
ところが、そろそろ台風の影響が強くなって波がかなり高くなってきたので
夕方のツアーはビーチからのシュノーケリングに変更させていただきました。

カップルでお越しのお客様は以前にもシュノーケリングをされたことがあるそう。
ちょっと水深の深いポイントにも興味がおありということで、
今日はディープシュノーケリングコースにご参加いただきました。
浅瀬から泳いで、徐々に深いポイントまで行く途中で
今年生まれたのか、まだ小さな“コブシメ”が岩に擬態して隠れているのを見つけました。

石垣島 シュノーケリングの様子

深い水深のポイントに着いたら、重りをつけて素潜りにも挑戦です。
はじめはフォームが定まらず、1メートルも潜ることができませんでしたが、
コツを覚えて何度か練習していると、
海底に向かってスッとまっすぐ、潜る姿も様になってきました。
今日は海の中腹まで潜れていらっしゃいました(^_^)

石垣島 シュノーケリングの様子

イソギンチャクでは、“クマノミ”の夫婦がせっせと産卵準備をしていました。
いつも産卵する場所のコケを取り除いたりきれいに掃除して、
卵を産み付けやすいように2匹で忙しそうにしていました。
その周りの邪魔になりそうな石やサンゴのカケラなども
口にくわえてぽいっと遠くに捨ててまた戻ってきてくわえて、行ったり来たり。
これから台風が来るのに、今産卵しても大丈夫なのでしょうか?
うねりが強くなって、卵が流されてしまわないのでしょうか?
台風目前の産卵準備に、
もう何日か待った方がいいのでは・・・と心配になります。

石垣島 シュノーケリングの様子

静かな島影のポイントでシュノーケリングをしましたが、
こちらにも、だんだん強いうねりが近づいてきたようです。
明日・明後日が台風の上陸でしょうか。
しばらく、海に出るのはお休みしなければいけなくなりそうです。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.