ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメまん丸のからだ/シュノーケリング・ファンダイビング

2010年9月5日(sun)カモメの足あと

今日の石垣島は晴れ。
出港した時は少し波が高かったのですが、
ポイントに着くと波の影響もほとんどなく
キラキラと光るブルーの海が広がっていました。

今朝はちょっと早めの7時から、ちょこっとシュノーケリングへ出発しました。
去年もお二人でお越しくださったお客様、
器材はご自分の使い慣れた物をご持参され、シュノーケリングはベテランです(^_^)
このところずっと海の透明度がいいのですが、
今日もどこまでも見渡せるような抜群の透明度です。

海の底まで届く太陽の光に照らされた“デバスズメダイ”たちは
朝食の真っ最中で口を動かしながらあちらへこちらへ忙しそうです!
エサのプランクトンを元気に追いかけていました。

石垣島 シュノーケリングの様子

お二人とも、素潜りだってお手の物!
一直線にすーっと潜って行って、
水面からは見えないような海底の景色も堪能されていました(^_^)

石垣島 シュノーケリングの様子

今日の海は、前回いらした時よりも透明度がよかったですね(^_^)
太陽がまっすぐキラキラと海の中に射し込んで、
サンゴや魚たちがきれいに見えるように照らしてくれていました。

午後からは昨日もお越しいただいたお客様と、本日もファンダイビングに出発です。
台風の影響で波が高めなので、
行くことのできるダイビングポイントも制限されてしまいます。
本当は小浜島の近くでのダイビングをご希望いただいていたのですが・・・
残念ながら、今日も石垣島沿岸のポイントで潜ることになりました。

昨日は波が高かったのですが、お二人とも船酔いなしでした。
今日も少し揺れはありますが、お二人はきっと大丈夫!
ということで(^_^)
“アカククリ”たちが群れる湾内のポイントで潜ることにしました。

“アカククリ”たちの群れは、潮の流れによっている場所が違います。
今日は船の下の浅い所に40匹ほどが集まっていました。
近くを通っても、おびえることもなく悠々と泳いでいます。
よく見ると、体がまん丸なのがかわいい“アカククリ”たち
その群れの中を泳ぐと、自分も仲間に入ったようで楽しいです。

石垣島 シュノーケリングの様子

岩陰の穴からは、大きな頭の“ハナビラウツボ”が顔を出していていました。
突然の出現にちょっとびっくりしてしまいますが・・・
実は、牙を生やした怖い顔に似合わず臆病なので、
近づくとすぐに穴に引っ込んでしまいます。
こちらこそ・・・驚かせてしまってごめんね(^_^;)

石垣島 シュノーケリングの様子

1本目のダイビングを終え、静かだった海底の世界から船に戻ると
台風の影響を受けた高い波が船を揺らします。
移動中のそんな波にも負けず、
2本目はハナミノカサゴが群れるポイントへ移動しましょう!

このポイントの中心には、5分程で1周できるくらいの小さな岩があります。
この岩の周りに何匹もの“ハナミノカサゴ”が群れていて、
そのまた別の面には岩に化けた大きな“オニダルマオコゼ”や
海草のようにユラユラ揺れる“ハダカハオコゼ”の姿も見つけることが出来ます。
この岩山には、たくさんのオコゼやカサゴの仲間が仲良く棲み分けて暮らしています。

岩の奥を覗き込んでみると、
“アカシマシラヒゲエビ”が大忙しでちょこまかちょこまか!
“アザハタ”や“ユカタハタ”など、
他の魚たちの体についた寄生虫や汚れをきれいにしてあげているところでした。

手を差し出してみると・・・
ダイバーの甘皮や余分な皮膚まできれいに掃除してくれました(^_^)
ちょこちょこと指から指に移る姿がとってもかわいいです。

石垣島 シュノーケリングの様子

今回の2日間の石垣島でのダイビング。
台風の影響があり、残念ながら
ご希望のマンタポイントや小浜島へは行くことができませんでした。
それでも、台風が上手く逸れてくれたおかげで無事に2日間4本、
それぞれ、もうしばらく続く夏の石垣島らしいポイントで潜っていただけました。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.