ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ逆さまに眠るのはなぜ?/ナイトシュノーケリング

2010年9月3日(fri)カモメの足あと

石垣島も昼間は風が強かったのですが、
夜になるとおさまり始め、海の水面も穏やかになりました。
ビーチに打ち寄せるさざ波もさわさわと小さな音を立てています。

お客様は石垣島ひとり旅を満喫中とのこと♪
ひとり旅は今回が初めてなので、
シュノーケリングツアーをひとりで申し込めるか心配されたそうですが、
ご安心ください、もちろん大歓迎です(^_^)
日中の海では何度もシュノーケリングされたことがあるそうですが、
夜の海に入るのは、こちらも今回が初めてとのことです。

夜の海の水温はどれくらいかな?とゆっくり入ってみると、
昼間の熱が残っていて、思ったよりもずっと温かく感じると思います。
ライトで足元を照らしながら歩くと、光がまっすぐ射し込んでいきます。
海底まで見える今夜の海の透明度に、期待も高まります。

石垣島 デバスズメダイとダイバー

さっそく夜の海へと少し泳ぎ出すと、
逆立ちになって眠る“ミスジチョウチョウウオ”を発見。
他の“チョウチョウウオ”はまっすぐ眠るのですが、
“ミスジチョウチョウウオ”だけは、なぜか逆立ちして眠ります。

石垣島 デバスズメダイとダイバー

夜の海では“ハリセンボン”や“コクテンフグ”など、
フグの仲間によく出会います。
臆病なフグたちは昼間は岩陰などに隠れてあまり外に出てこないのですが、
なぜか夜は、何も隠れるところのないような広い場所に出てきて眠っています。
ふつうは逆だと思うのですが・・・なぜなのでしょう?

石垣島 デバスズメダイとダイバー

浅瀬の“ハタゴイソギンチャク”の中では
三匹のカクレクマノミの家族がすっぽり包まれるように眠っています。
波に揺られるイソギンチャクの動きに合わせて
小さくヒレを動かしながら、流されないように上手に眠っています。

石垣島 デバスズメダイとダイバー

沖の方へ泳ぎ、リーフの外の水深の深いところまで行くと、
今夜もたくさんの数の“夜光虫”を見ることができました。
ライトを消した真っ暗な海の中に広がる緑色の光はとても幻想的です。

旅行日程のご都合で、
今回はどうしても夜しかシュノーケリングをする時間が作れなかったとのこと。
特に夜の海に興味があったわけではないけど・・・と
仕方なくご参加いただいた(?)ナイトツアーだったかもしれませんが、
昼間とはちょっと違う夜の海を見るいい機会だった♪
・・・と思っていただけたらうれしいです(^_^)

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.