ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ3匹のカメ/ダイビング体験・シュノーケリング

2010年8月23日(mon)カモメの足あと

朝方にザーッと雨が降りましたが、日中はやっぱりいいお天気。
石垣島も強い陽射しで毎日暑く感じますが、
今年の夏の全国的な猛暑のためか、
「石垣の方が涼しく感じる!」というお客様もいらっしゃいます(^_^)

今朝はご夫婦のお越しいただいて、ダイビング体験に出航しました。
練習のために船のハシゴに顔をつけて海中をのぞいた瞬間から
太陽の光を体いっぱいに受けてキラキラ輝く“デバスズメダイ”たちの泳ぐ姿や
緑や黄色、紫など色とりどりのサンゴが広がる様子が見られます。

石垣島 ダイビング体験の様子

耳抜きの練習や水中メガネに入った眼鏡の水の出し方、
呼吸器からのボンベの空気の呼吸など、事前の練習はおふたりとも問題なく終了!
まずはご主人が先に潜行し、次に奥さんがご主人の待つ海底を目指します。
耳抜きも呼吸も問題なく、もうすぐ海底に到着というところで・・・
「途中で息が吸えなくなったらどうしよう!」という不安感が
モクモクと湧き出してきてしまったそうです!

奥さんには一旦船の上に戻って休憩していていただきましょう。
まずはご主人おひとりでダイビングスタートです。

砂地の上にある、ひとつ目のサンゴの山に到着。
すると、ここに棲む海の掃除屋さん・“ホンソメワケベラ”が寄ってきて、
ツンツンと手のひらを掃除してくれました(^_^)
痛くはなくて、近くに来てくれるのがうれしいです。

石垣島 ダイビング体験の様子

ここは“ホンソメワケベラ”の他にも、
黄色い“ネッタイスズメダイ”やシマシマの“ミスジリュウキュウスズメダイ”など
たくさんの魚が棲んでいるサンゴの山です。
そこからすぐ下の砂地に目をやると、
大きな眼玉をきょろきょろさせてこちらの様子をうかがう“オグロトラギス”がいました。
他の魚に比べて地味な色合いですが、表情豊かでと意外と人なつっこい仕草を見せてくれ、
実は愛嬌たっぷりなので意外と人気のある魚です。
ダイバーが手でブワっと砂をかきあげたりすると、
小さなエサが掻き出されるのを狙って寄ってくるところもかわいいです。

石垣島 ダイビング体験の様子

ご主人はご希望通り2ダイブ目にも挑戦です。
奥さんもやはりどうしても不安感はぬぐえないようですが、
勇気を出して再チャレンジされることに。
目標は、『海底に足を着くこと』です。
入っては戻り入っては戻り・・・を繰り返して、なんとか目標を達成しました。
残念ながらご主人とご一緒にはダイビングはできませんでしたが、
少しだけでも、おふたり同じ海の景色を見ることができました。

夕方からはカップルのお客様にお越しいただき、シュノーケリングに出航します。
はじめに向かった砂地のサンゴ礁のポイントでは、
夕日に照らされた“デバスズメダイ”たちがキラキラととてもきれいでした。
ただ少し波があったので島陰のポイントへ移動することにしました。

石垣島 ダイビング体験の様子

素潜りにも挑戦してみたいということで、
ウエイトベルトをつけてまっすぐに海底を目指します。
素潜りは最初どうしても耳抜きに苦労してしまいますが、
最終的には5メートルの海底までは到達できました!!

石垣島 ダイビング体験の様子

少し沖まで泳いで進んで行くと、
悠々と泳ぐ“アオウミガメ”や“タイマイ”など、3匹のウミガメに会いました。
こんな風に、ここに棲みついているカメ3匹を
同時に見ることはなかなかできません。
今日は一緒に休憩をしていたようで、今日はとってもラッキーです(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

港へ帰る頃は海の向こうに沈もうとする夕陽が
海面に反射して金色に輝き、とてもきれいでした。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.