ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ掃除の達人
/ダイビング体験・ファンダイビング・シュノーケリング

2010年8月15日(sun)カモメの足あと

今日も石垣島は気持ちのいい快晴です。
船の上にいると汗ばんでくるので、早く海に飛び込みたくなります!

久しぶりの石垣島ダイビングにお越しのお客様、朝から3日目の出航です。
今日の1本目は大物・“イソマグロ”を狙って、少し早目に船を出しました。
ポイントに着くと、水面にはプランクトンを食べようと集まっている
無数の“グルクン”たちの影が船の上からでも確認できます。
海に入ってみると流れもあり、
“イソマグロ”が出てきてくれるには絶好のコンディションです!

“イソマグロ”の登場をしばらく待っていると、
先ほどの“グルクン”たちが急に慌ただしく動き出しました。
ダイビングしているすぐ横でもピュンピュン泳ぎ回っています。
“イソマグロ”が近付いて来た合図です。

しばらくすると、
1メートル近くある大きな“イソマグロ”が
逃げる“グルクン”たちの後を追うように現われました。
さらにその後ろからは、
小さな子供の“イソマグロ”もついてきています。
2匹の“イソマグロ”が行ったり来たりする様子をゆっくり観察できました(^_^)
“グルクン”たちは食べられてしまっているのかもしれませんが、
どちらも動きが早いので、捕食の様子は分かりませんでした。

石垣島 ダイビング体験の様子

2本目は雰囲気を変え、流れのない穏やかなポイントへ。
大きな円盤のような“アカククリ”たちが
40匹ほどで集まり悠々と泳いでいるやや水深の深いポイントへ来てみました。

『クリーナーシュリンプ』と呼ばれる小さな“エビソリハシコモンエビ”が
次から次へと“アカククリ”たちを掃除していました。
エビたちに掃除を催促するかのように、
大きく口を開けたりエラブタを開いたり(^_^)
クリーニングを受けて、とっても気持ちよさそうです。
上機嫌のあまりか?しばらくそこにじっとしていました。
クリーナーシュリンプの棲む岩の周りには、
クリーニングの順番待ちをする“アカククリ”たちがいつも長い行列を作っています。

石垣島 ダイビング体験の様子

クリーニングを受ける“アカククリ”たちの横では、
“アカネハゼ”という少し珍しいハゼの赤ちゃんを見つけました。
他の魚たちに混ざってエサをついばんでいます。
以前はよく見られましたが、最近はあまり見かけなくなってしまいました。

石垣島 ダイビング体験の様子

午後からは、昨日ご両親とご一緒にシュノーケルにご参加いただいたお客様が
ファンダイビングのためにお越しくださいました。
数年ぶりのダイビングとのことなので、器材に慣れたり感覚を思い出したり、
緊張感をほぐしながら潜りましょう。

石垣島 ダイビング体験の様子

ある程度慣れてきたところで、海底のトンネルのあるポイントへ行ってみました。
新しい水中カメラをご持参され、いろんな景色を撮影されています(^_^)
水面から射し込んで来るブルーの陽射しに照らされ、
キラキラ光る無数の“テンジクダイ”たちが泳ぐ様子もパシャ!

石垣島 ダイビング体験の様子

これからまた、ご両親をご案内され島内観光でしょうか(^_^)
お天気にも恵まれ、素敵な親孝行になりますね。

夕方からはご家族7名様でシュノーケリングへ。
石垣島にご到着後、ホテルのチェックインだけ済ませたら早速海へ出掛けます!
シュノーケルに挑戦する一番小さなお子さんは4歳、
ビーチでのお付き添いに1歳のお子さんとおばあさんもご一緒なので、
今日はビーチからのスタートをご希望いただきました。

みなさん初めてのシュノーケルとのことなので、
浅瀬でシュノーケルでの呼吸やリラックスして浮かぶ練習をしましょう。
海に慣れてきたら、揃って沖へ向かって泳ぎだします。

海底の様子は進むにつれて変わっていきます。
はじめは青色の“ルリスズメダイ”を発見!
次第に紫や緑色のサンゴたちがちらほらと見え始め、
プカプカ体が浮かぶ水深のシュノーケリングポイントに着くと、
下には隙間なくサンゴが広がっています。
オレンジの体が鮮やかな“ハマクマノミ”や背中に長いヒレのある“ツノダシ”、
キラキラ光を受けて輝く水色の“デバスズメダイ”たちの群れや
岩の表面をガリガリ削って食べる緑色の“ブダイ”たちなど
いろんな種類の魚たちにたくさん出会えました。

石垣島 ダイビング体験の様子

西の空に夕日が沈み始めたころから、
2日前から引き続き午前中にもお越しいただいたお客様と
今日はナイトダイビングにも出発します。
夜に備えて今日の昼間は2ダイブだけにして、
ホテルでゆっくり休憩していただき元気を回復して、いざ今日のラスト1ダイブへ!
暑さが和らぎ暖かい南風の吹く中、ポイントまで船を走らせます。

石垣島 ダイビング体験の様子

ナイトダイビングはこれまでにもされていたそうで、装備もバッチリ!
水中ライトや点滅ライトの準備を整えてナイトダイビングの手順を確認したら、
さっそく黄昏色の海の中へと潜って行きましょう。

夜の海では、昼間と違う景色や魚たちの姿を見ることができます。
昼間はきれいなブルーの“グルクン”も、夜は真っ赤になってまるで別の魚のようです。
一見派手になったような気がしますが、
暗い夜の海ではこちらの方が目立たないのでしょう。

石垣島 ダイビング体験の様子

昼間は穴の中や岩の割れ目に隠れている“イセエビ”たちも
夜になるとノソノソと外に出てきてエサを探すために動き出します。
ちっちゃな10センチほどの子供の“イセエビ”から
50センチ近くある大人の“イセエビ”など
昼間は絶対に見かけないようなところでも遭遇しました(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

夜の真っ暗な洞窟をライトで照らしながら進んだり、
いろんな魚や生き物たちの夜の様子を観察したりしました。
膜を作って眠る“ブダイ”や穴の中で逆さまになって眠る“フエヤッコダイ”などを見て
ぐるっと一周した後、船の下へと戻ってきました。
ライトを消すと周囲で無数に輝く夜光虫を見ながら、
本日の3本目のダイビングも無事終了しました。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.