ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメじょうずに泳げました(^_^)
/シュノーケリング・ダイビング体験・ナイトシュノーケリング

2010年8月1日(sun)カモメの足あと

今日の石垣島、お天気はややよくなり、
数日前に比べると夏の暑さが戻ってきたように感じますが、
午前中の海はまだまだ波があるようでした。

石垣島 シュノーケリングの様子

今朝はご家族4名様でシュノーケリングにお越しいただきました。
前回シュノーケルをされた時は波が高く、
お子さんはちょっと怖がってしまったとのことでしたが、
やや波のある今日の海では、一人でも上手にスイスイと泳いでいました(^_^)
ところが・・・今回はお母さんが船酔いをされてしまいました。
さらにできるだけ波のないポイントで泳ぐことにしましょう。
こちらは浅瀬が続いているので、
水面でシュノーケルをしていてもすぐ目の前にサンゴが広がります。

石垣島 シュノーケリングの様子

いろんな色のサンゴがありますが、
特に紫色のサンゴは、光が当たると一番きれいな気がします。

サンゴの周りにはプランクトンもたくさん集まるのでしょうか?
そのプランクトンを目当てに、多くの魚たちも寄ってきます。
一番多いのは小さくて水色がきれいな“デバスズメダイ”、
他にも“ミスジリュウキュウスズメダイ”“クラカオスズメダイ”などの小さな魚や
15センチくらいの“オトメベラ”や“ヤマブキベラ”“ツノダシ”たちも来ています。
みんな大きな口をパクパク、なんだか忙しそうです(^_^)

石垣島 シュノーケリングの様子

船に上がる前には、80センチほどの“アオヤガラ”が
20匹ほど群れている様子も見ることができました。
海の中に流れがあったため、今日はご家族の写真が撮影できませんでした。
代わりに、良く晴れた空をバックに記念写真です。

石垣島 シュノーケリング

今日は、午後からお越しいただいたお客様もご家族4名様。
午前中に比べ、少し波がおさまってきました。
しかし・・・今回もお母さんが船酔いされてしまいました。

数日前からすでに石垣島にご滞在されているそうで、
初日にはホテルのビーチからシュノーケルをされたそうです。
今日は船に乗ってもう少し沖まで出て、
一面のサンゴ礁が広がるポイントでシュノーケリングをしてみましょう。

サンゴの山の近くに船を停めると、
海に顔をつけた瞬間から魚たちのお出迎えに会います(^_^)
魚たちもちょうどお昼ごはんの真っ最中のようで、
ブルーの“デバスズメダイ”たちが集まってプランクトンを食べていました。
あんまり近くにいるので、思わず手を差し伸べてみると・・・
ツンツンッとつつかれてしまいました(^_^;)
餌付けは一切行いませんが、美味しそうなエサと間違えたのでしょうか(^_^)?

石垣島 シュノーケリングの様子

お昼になり、真上からの太陽の光が海底へと射し込み、
ユラユラとサンゴや魚たちを照らしてとてもきれいに見えます。

石垣島 シュノーケリングの様子

お母さんとお姉ちゃんは、疲れちゃったのかな?船に戻って休憩です。
まだまだ元気な下のお子さんとお父さんは
隣のサンゴの山を目指してもうちょっと泳ぎましょう!
こちらの山のてっぺんには、ちっちゃな“ハマクマノミ”の夫婦がいました。

石垣島 シュノーケリングの様子

夕方からはおふたりでお越しいただき、ダイビング体験へ!
おひとりは今回が初めてのダイビングだそうです。
もうおひとりは以前にダイビングされたことがあるそうですが、
1年ほど前だったとのことなので、おふたりで練習&復習からスタートしました。

おふたり揃って無事に海底に到着すると、
すぐに目の前の小さなサンゴに集まっている
まだまだ子供の“デバスズメダイ”たちの群れに会いました(^_^)
ダイビングのご経験のあるお客様は、水中写真にも挑戦!
魚たちがサンゴの隙間にピュンっと隠れてしまう前に、
かわいい姿を撮影することが出来たでしょうか?

石垣島 ダイビング体験の様子

“ホンソメワケベラ”は海のお掃除屋さん。
いつもはいろんな魚たちの口の中やえらの隙間、体の表面などをきれいにしていますが、
ここのコたちはダイバーの手までツンツン!ときれいにしてくれます。

石垣島 ダイビング体験の様子

小さな“カクレクマノミ”の3匹家族。
イソギンチャクの中にずっと隠れていたり、元気よく上まで飛び出してくれたり、
クマノミにも気分があるようで、日によって違います。
今日は・・・元気いっぱい外に出てきてくれる日でした(^_^)
水中写真の絶好のモデルになってくれました。

石垣島 ダイビング体験の様子

60分のダイビングが終了し、船に戻ろうと見上げると、
沈みかけた太陽が海の水の向こうに見えました。
これからゆっくり、夕方の景色に変わっていきます。

石垣島 ダイビング体験の様子

さらに海が黄昏色に染まるころ、
ナイトシュノーケリングの準備が終わり、海に入ります。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

夕方から夜に変わりだんだん暗くなってくる海の中を
水中ライトを照らしながら進んで行くと、
もうすっかり眠っている魚たちを見ることができます。
身体の大きな“ブダイ”ですが、
うまく自分の体がすっぽり入る穴を見つけて眠っています。
ライトの光を向けると、神経質にモソモソ動く魚もいるのですが、
“ブダイ”は全く気付かないのか?気にしないのか?
堂々と熟睡しています。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

今日はちょっと珍しい光景にも遭遇しました。
岩のようにも見える“ハマサンゴ”が産卵しているところでした。
この辺りの“ハマサンゴ”が一斉に産卵しているようで、
今夜の海は透明度がよかったのですが
この一面だけは白く濁っているかのように見えました。
『サンゴの一斉産卵』と言えば、ピンクの無数の卵を放つ“ミドリイシ”が有名ですが、
それに比べて、“ハマサンゴ”の卵はとても小さいようでした。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

水面をふと照らしてみると、
細長い銀色の“サヨリ”の赤ちゃんも見ることができました。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

今夜は久しぶりに雲がなく空も開けていたので、
海にプカプカ浮かびながら満天の星空を見ることができました。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.