ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ今日のシャッターチャンス
/ファンダイビング・ダイビング体験

2010年7月28日(wed)カモメの足あと

随分長い間ぐずついていた石垣島の空模様も、
少しずつですが、徐々に回復してきているようです。

昨日に引き続き、ファンダイビングにお越しのお客様と出航です。
最終日の今日、水中撮影にも慣れてきたので、
さらにいい写真がたくさん撮れるといいですよね(^_^)

少し前から、サンゴの枝の隙間では、
“テングカワハギ”のちっちゃな子供たちが見られるようになってきました。
大人たちに混ざってツンツンツン・・・サンゴのポリプをつまみ食いしています(^_^)
子供でも、逆立ち泳ぎで器用にサンゴの隙間をすり抜けて行きます。
大きくなると夫婦ペアで生活するようになるので、
パートナーを見つけて、仲良く二匹で泳いでいるコたちも見られました。

石垣島 テングカワハギ

“ハマサンゴ”の割れ目をのぞくと、
向こう側が見えないほど“キンメモドキ”が集まって、金色の壁を作っていました。

石垣島 キンメモドキ

その“キンメモドキ”を狙って
“エソ”たちが砂地の上で待ちかまえています。
“ハマサンゴ”の上からは大きな“カスミアジ”も狙っています。
幾度となく大きな魚たちからのアタックを受ける“キンメモドキ”でしたが、
みんな協力し合い、一糸乱れぬ統制のとれた泳ぎで見事にかわしていました。

今年の夏は台風が少なく、海の水温もどんどん上昇中!
ダイバーにとっては温かな海は快適なので一見嬉しいようにも思えますが、
サンゴたちにとってはあまりいいことではないようです。
海水温が上がると、サンゴの表面に棲んでいて栄養分を供給してくれている
微生物の“褐虫藻”が離れていってしまいます。
サンゴはいろいろな色に見えますが、
それはサンゴそのものの色ではなく、棲みついている“褐虫藻”の色なので、
“褐虫藻”がいなくなったサンゴは真っ白になってしまいます。
“褐虫藻”がいなくなると充分な栄養が得られなくなってしまい
白くなるだけではなく、サンゴそのものが死んでしまうこともあります。

相変わらず台風は来ませんが、
この数日の悪天候のおかげか、少し水温が下がってきたようです。
とはいえ、ところどころで白化し始めているサンゴたちも見られるので、とても心配・・・
適度な台風や悪天候も必要だということが分かります。

石垣島 サンゴの白化

“エダサンゴ”の隙間を縫って
“ヘコアユ”たちがエサを求めてスイスイ泳いでいます。
平べったい体で水を切って、みんなでワルツを踊っているように泳ぎます。
色がきれいな魚ではありませんが、
そのダンスは石垣島の海の中でもかなりの上級者(?)です。

石垣島 ヘコアユ

初日は天気が崩れましたが日に日に天気は回復、
最終日は太陽がのぞく空の下で締めくくることができました。
今回は水中撮影に初挑戦し、また新しいダイビングの楽しみを発見されたご様子(^_^)
次回はマイカメラでのダイビングでしょうか?!

午後からはカップルでダイビング体験に挑戦していただきました。
「泳げないから大丈夫かな?」と心配されていましたが・・・

石垣島 ダイビング体験の様子

大丈夫でしたね(^_^)

海底に着いてしまえば、不安を感じる間もないほど
たくさんの魚たちが次々と目の前を横切って行きます。
現在狩りの修行中の“ハナミノカサゴ”の子供は
今日も大きくヒレを広げ、ちっちゃな魚たちを追い込んでパクッ!
・・・と狙いますが、なかなか上手に捕まえられないようです。
まだもう少し修行が必要なようですね(^_^;)

石垣島 ダイビング体験の様子

温かくなると、なぜかいつもにも増してフレンドリーになる
海の掃除屋さん“ホンソメワケベラ”。
普段はお魚の体を掃除しているのですが、
夏はダイバーの姿を見つけるとツンツンツンツンお掃除をしてくれます。

石垣島 ダイビング体験の様子

夏限定で見られる“デバスズメダイ”の赤ちゃんたちの姿(^_^)
サンゴの中から元気よく飛び出し、まるで海中に上がるブルーの打ち上げ花火です。
飛び出しては隠れ、また飛び出しては隠れ・・・しばらく見ていても飽きませんよね。
泳ぎが苦手と心配されていた初挑戦のダイビングでしたが、
バッチリ60分間の海中旅行を楽まれていました(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

夕方からは八重山ご旅行中のお客様とダイビング体験へ。
今日は水中写真の撮影にも挑戦です(^_^)
陸の上とは少し勝手が違いますが、どんな写真が撮れるか楽しみですね。

石垣島 ダイビング体験の様子

泳ぐ魚の撮影は、水中写真撮影の中でも少し上級編です。
ゆっくり泳いでいるように見える“ハナミノカサゴ”なら簡単そうですが・・・
写真に撮ろうとすると意外と難しいですよね。
いい写真が撮影できたでしょうか?

石垣島 ダイビング体験の様子

イソギンチャクの触手の間からピョコンと顔を出す
“カクレクマノミ”はさらに上級編!
あっちにこっちに動き回るので、なかなかピントが合いません(^_^;)

石垣島 ダイビング体験の様子

“デバスズメダイ”の赤ちゃんたちの元気いっぱいな泳ぎは・・・
構図を決めて、賑やかでかわいいシャッターチャンスを狙いましょう。

石垣島 ダイビング体験の様子

海の中では陸上よりもピントが合いにくいので
水中での撮影は、コツが分かるまでは少し難しいですが、
60分間のダイビングでたくさんの写真を撮影することができました。
帰って確認するのも、また楽しみですよね(^_^)

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.