ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ3日目のヨウジウオ/ファンダイビング・シュノーケリング

2010年7月18日(sun)カモメの足あと

石垣島は今日も快晴です。
港から出航すると、朝の太陽がサンサンと海を輝かせています。

4日間お越しいただいているお客様のファンダイビング最終日。
今日もよく晴れた朝の海へ出航です!

1本目はサンゴの群生ポイントへ。
海の中まで太陽の光の筋が届いているので、
なんだかとっても荘厳な世界が広がっていました。

石垣島 ファンダイビングの様子

船で移動をし、砂地のポイントで2本目です。
先ほどの1本目で見ていたサンゴの広がるワイドな世界から
小さな生き物たちを観察するマクロの目線にチェンジです。
今日のモデルさんは“オビイシヨウジ”。
一昨日・昨日に引き続いてこちらもヨウジウオの仲間です。
細長い体をしていて、口も細長いすらりとした魚です。
その長くて小さな口をパクンと開けて、
時折、岩の上にあるエサを食べる仕草がとてもかわいいです。
10センチほどの大人たちに混ざって、
タコ糸ほどの太さで3センチほどの赤ちゃんの姿もチラホラ見られました(^_^)

石垣島 オビイシヨウジ

岩の奥に開いた横穴の中で出逢ったのは
ちっちゃなちっちゃな1センチほどの“タテジマキンチャクダイ”の赤ちゃん。
ヒラ〜ヒラ〜と上手に、優雅に泳いでいます(^_^)
何かの動きを真似て擬態しているのでしょうか?

石垣島 タテジマキンチャクダイ

3本目に行ったポイントでは、
ピンク色の“ハダカハオコゼ”がウネリに身を任せユラユラ〜。
泳いで逃げたり大きな動きをしたりはしないのですが、
常にゆらゆらふらふらとしていて、なかなかじっとしていてくれません(^_^;)
ずっとそこにいてくれるのに・・・意外と撮影が難しいコです。
きれいなピンク色の目がかわいいですね。

石垣島 ハダカハオコゼ

砂地の上を進んで行くと、ビー玉みたいな大きな眼がふたつ。
砂に体を埋めて目だけを出して
こちらの様子をうかがっている“ヤッコエイ”でした。
そ〜っと近づいて見たのですが、素早く逃げて行ってしまいました。
ここまで厳重に隠れたり、とても強い警戒心の持ち主のようです。

石垣島 ヤッコエイ

サンゴ礁の谷間の石の下に“アオリイカ”の卵を見つけました。
中にはふ化寸前の赤ちゃんの影がピコピコ動いていました。
目もはっきりしてきて、今夜にも孵るのでしょうか(^_^)

石垣島 アオリイカの卵

夕方からはご家族4名様でお越しいただき、シュノーケリングへ!
みなさんシュノーケリングのご経験があるそうなので、
さっそく海に入って泳ぎ出しましょう♪

夕方は魚たちの夕食タイム。
潮の流れに乗ってやってくるプランクトンを食べるため、
デバスズメダイやキビナゴたちの群れが帯をなすように連なって、
シュノーケルをしている海面近くまでやってきます。
すぐ目の前を行ったり来たり、忙しそうです(^_^)

石垣島 シュノーケリングの様子

子供たちの大好きな“カクレクマノミ”の「ニモ」の仲間、
“ハマクマノミ”の夫婦も、海面からすぐそこに発見しました!
ニモとの違いは、体の白いラインの数。
1本線は“ハマクマノミ”、2本線は“クマノミ”、3本線が“カクレクマノミ”です。

石垣島 シュノーケリングの様子

シュノーケリングも無事終了し、船に戻ってからも、
今まで一緒に泳いでいたサンゴや魚たちが見えました(^_^)

石垣島 シュノーケリングの様子

波があると水面が揺れて底まで見られないのですが、
今日はスズメダイたちもサンゴもはっきり見送れるほど穏やかな夕暮れでした。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.