ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ水中写真撮影/ファンダイビング・シュノーケリング

2010年7月17日(sat)カモメの足あと

3連休の初日は、快晴でスタートした石垣島です(^_^)
今日も最高気温は33℃まで上がりました!

ご夫婦でお越しいただいているお客様とご一緒に、
シャッターチャンスを狙いながらのファンダイビングは今日が3日目です。

石垣島 ファンダイビングの様子

潮がいい午前中のダイビングポイントは、
“イソマグロ”に会える可能性のあるポイントに向いました。
到着して水面を見ると、プランクトンを食べようと
何万匹もの“グルクン”達が集まっている影が見えました!
船が近づいたことに気付き、
ザバッと大きな音を立てて水中に逃げて行きます。
“イソマグロ”達はそれを狙ってやってくるので、これは期待できそうです。

潮の当たる根の先端まで泳いで行くと、
“クロヘリイトヒキベラ”や“テングハギモドキ”、
グルクン達の群れが賑やかに泳いぎ回っていました。
しばらくそんな景色に見とれていると・・・
大きな“イソマグロ”がすぐ目の前を悠々と通り過ぎていきました。
鋭く尖った歯が確認できるほど接近してきてくれて、
大迫力のダイビングとなりました。

次は、大好きな小さな生き物たちの写真撮影です。
ハマサンゴの下の隙間には、クリーナーシュリンプと呼ばれる
魚の体を掃除するエビたちが棲んでいます。
“ソリハシコモンエビ”は、このハマサンゴのボスである2匹の“アザハタ”たちを
代わる代わるクリーニングをしてあげていました。
大きくエラを広げて、もっともっととクリーニングを催促する“アザハタ”・・・
いつもの強面のボスとは別の魚のようにかわいいです(^_^)

石垣島 クリーニング中のアザハタ

ボスがいなくなった後には
ちっちゃな“テンジクダイ”たちもクリーニングを受けようと集まってきます。
小さな口を大きく開けて催促する彼らに、
今度は“アカシマシラヒゲエビ”が忙しそうにクリーニングしていました。

石垣島 クリーニング中のアカシマシラヒゲエビ

このハマサンゴの別の穴では
靴下をはいたような足がかわいい“ホワイトソックス”が
ウツボの体を一生懸命掃除していました。

石垣島 ホワイトソックス

昨日のダイビングで、ヨウジウオの仲間・“イシヨウジ”は
チョコチョコ動いてうまく撮影することがなかなかできませんでした。
今日はヨウジウオの仲間の“タツノハトコ”の撮影に挑戦!
このコは昨日の“イシヨウジ”のように逃げず、
シッポを海草にくるんっと巻きつけてあまり動きません(^_^)
頭に海藻を生やしたモジャモジャのアフロヘアのような横顔も撮影できましたね♪

石垣島 タツノハトコ

本日最後のダイビングは一面のサンゴ礁の撮影へ。
サンゴがきれいに見えやすいようにと、
シュノーケリングでは浅めの水深の浅瀬で泳ぐのですが、
そのサンゴ礁も、ボンベを背負ってダイビングをしながら水中から撮ると
シュノーケリングで撮影するのとはまた違った写真になります。

石垣島 ファンダイビングの様子

さて、今日の水中写真の成果はいかがでしたか(^_^)?

夕方は、お友達同士でシュノーケリングにお越しいただきました。
みなさん新しい水中カメラをご持参され、水中写真の撮影にもチャレンジです!

石垣島 シュノーケリングの様子

サンゴの山のてっぺんに棲む“ハマクマノミ”の夫婦。
体の大きくて社交的なメスは、水中写真のモデルさんにピッタリです。
今日もたくさんポーズをきめてくれました。
ちっちゃくて引っ込み思案なオスも・・
イソギンチャクの中からチラリとこちらを向くポーズがかわいいです(^_^)

石垣島 シュノーケリングの様子

触れられそうなほど近くで観察することが出来たサンゴ礁。
黄色に紫に緑に青・・・キラキラ光を浴びてとってもきれいでした。

石垣島 シュノーケリングの様子

この後もご予定がおありということで
2時間と時間の限られたシュノーケリングでしたが、
みなさんそれぞれに石垣島の海を楽しまれていました(^_^)

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.