ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメもうすぐ孵るかな(^_^)/ファンダイビング

2010年6月16日(wed)カモメの足あと

スッキリしない曇り空の石垣島です。
相変わらず南風が強く吹いて、今日も蒸し暑い一日です。

このところ砂地のダイビングポイントで潜ると、
いたるところで“スカシテンジクダイ”の群れる様子が見られるようになりました。
晴れた日の透明度の高いブルーの海中で銀色の体がキラキラと光ると
とてもきれいでしばらく見とれてしまうほどです。
群れの中には、“スカシテンジクダイ”と同じくらいの大きさをした
“グルクン”の子供たちの姿も混じっていて、さらに賑やかです。
成長すると全く違う生活環境で暮らすようになる2種類の魚たちですが
ちっちゃいうちはお互いに身を守るため協力し合って同じ場所で生活するようです。

石垣島ファンダイビングの様子

そんな銀色の景色を抜けて砂地を進んでいると
砂地の上に“ヒメオニカサゴ”が体をズルズルと引きずったあとが長〜く続いていました。
泳ぐのが苦手なこのカサゴは、足のように変化した胸ビレを持っています。
その足を使ってゆ〜っくりゆっくり移動します。
随分長い間隠れ場所を探していたようで、足跡は10メートルも続いていました。

石垣島 ヒメオニカサゴ

砂の中から口と目だけを出して隠れている“マゴチ”。
気がつかないと素通りしてしまいそうですが、
たまたま手をついたところに潜んでいたようで
びっくりして砂の中から飛び出してきました!
砂の上に出たと思ったら、
身体を上下左右に揺らしまた器用に砂の中に隠れていきます。
かくれんぼの上手で、まる海の忍者のようです。

石垣島 マゴチ

初夏の海では、魚だけではなく“ウミウシ”の赤ちゃんも元気です。
成長すると大きくなる“アカフチリュウグウウミウシ”ですが、
赤ちゃんのころはまだ小指の先ほどの大きさしかありません。
アンバランスな大きな頭でヨチヨチ・・・
微笑ましく応援したくなります。

石垣島 アカフチリュウグウウミウシ

数日前までは透明だった“ダルマハゼ”の卵の中では
赤ちゃんたちが無事、元気に成長中です。
中ちっちゃな目玉ができはじめている卵もあります。
そんな成長の様子を毎日見ていると・・・
なんだか親になったような気分で嬉しくなってきます(^_^)
ここまで成長すると、お父さんもホッと一息のようで
卵を守っていた父“ダルマハゼ”は、卵から離れる時間が長くなってきます。
もうすぐ巣立ちの時です。

石垣島 ダルマハゼの赤ちゃん

とても蒸し暑い今日のような日は、
海に入るととても気持ちいいです

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.