ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ海はイクメンだらけです/ファンダイビング

2010年6月14日(mon)カモメの足あと

今日の石垣島の空は雲が広がっています。
それでも、朝の出港の時に合わせて
太陽がひょっこり顔を出してくれました。

お客様はいつも沖縄の慶良間諸島でダイビングされているそうです。
『きれいな景色やおもしろい地形のダイビングポイントで潜りたい』と
リクエストをいただきました。
さっそく1本目はたくさんの海底トンネルがあるポイントへ行きましょう♪

トンネルを抜けると
光りを受けたサンゴたちが群生する景色が広がっています。
そのトンネルの出口の辺りでは、
長いアンテナのような触角を揺らせた“ゴシキエビ”に会えました。

石垣島ファンダイビングの様子

2本目も地形がおもしろいポイントで潜ります。
海の中に深い渓谷が広がったようなダイナミックな岩場や・・・

石垣島ファンダイビングの様子

岩山をえぐり取ったような洞窟に入って
天井に開いた穴から射し込む光に見とれたり・・・。

石垣島ファンダイビングの様子

水深25メートルの海の中層を泳ぎながら下を見ると
まるで空を飛んでるような浮遊感を味わえます。
ダイビングでしか味わえない独特の感覚、
ずっとフワフワしていたくなっるような特別な時間です(^_^)
八重山の海はいかがでしたか?

石垣島ファンダイビングの様子

午後からは卵の世話をする魚たちの様子など
この時季の魚たちに注目して観察するファンダイビング!
魚の世界では、オスの方が一生懸命卵の世話をすることが多いです。
“タツノハトコ”の場合は、メスがオスのおなかに卵を産みつけます。
卵が孵るまでの間ずっと、
卵を大事におなかに抱いて守り続けますのはオスの役目です。
おなかの辺りがプックリと膨らんでいました。

石垣島  タツノハトコ

サンゴの枝の隙間に棲んでいる“ダルマハゼ”は
卵を産みつける為に一部分だけサンゴを傷つけて卵を産みつけます。
普段はちょこまかとサンゴの隙間を逃げ回るので
なかなかゆっくり観察することができない魚ですが、
ちっちゃくて透明な卵を守っている間は、その前で微動だにせず
じっと子供たちの誕生を待っています。

石垣島 ダルマハゼ

初夏を迎え、ベビーラッシュの石垣島の海では
今日も新しい仲間に出会えました。
イソギンチャクの根元では
“トウアカクマノミ”のちっちゃな赤ちゃんが泳いでいました。
まだまだ新入りの赤ちゃんは、体の大きな先輩クマノミにつつかれ、
なかなか落ち着ける居場所がないようです(^_^;)
少しでも表に出てくると、
10倍も大きい先輩が追い立ててきます!
仲良くなってくれればいいのですが・・・
これからしばらく見守って行きたいと思います。

石垣島 トウアカクマノミの赤ちゃん

夕方からは雨もパラパラ。
梅雨も後半の蒸し暑い1日でした。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.