ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメダイビング日和!/ファンダイビング・ダイビング体験

2010年5月18日(tue)カモメの足あと

朝から太陽が出て、青空が気持ちいい石垣島です。
気温は30℃まで上がり、梅雨とは思えないカラッとした1日になりました。

午前中は、カップルのお客様とファンダイビングへ出港です。
彼はつい先日ライセンスを取られたばかりだとのこと。
ライセンスの実技講習は日本海で行われたそうで、今日は初めての太平洋の海!
南国のサンゴ礁の景色が見られると、新しい経験を前に期待が膨らみます(^_^)

彼女も前回のダイビングから3年ぶり、
少し間が開いているため少し緊張されているとのこと。
1本目は、ちょっと水深の浅いポイントで
ゆっくり思い出しながらダイビングしましょう♪

今年は例年に比べ遅い時期まで行われている、
冬の終わりから初夏までの風物詩“コブシメ”達の産卵の様子を観察です。
ダイバーたちが見守る中、今日も産卵や交接を繰り返していました。

石垣島ファンダイビング コブシメの産卵

上手に足を使ってサンゴの枝の隙間に卵を産み付けますが
中には、産み付け損ねてしまうおっちょこちょいのメスもいます。
真っ白な卵が上からポトンと落ちてきました。

石垣島ファンダイビング コブシメの卵

“ユビエダハマサンゴ”の隙間には、もう隙間がないほど
たくさんの卵が産み付けられています。
それでも・・・
コブシメたちの産卵はまだまだ終わる気配はありません。

石垣島ファンダイビング コブシメの産卵

今回のダイビングでは水中写真にも挑戦しました。
まず一番最初のモデルは、
真っ赤な“タマイタダキイソギンチャク”に棲む“ハマクマノミ”。
撮影を開始してもあまり動き回らないので、
“ハマクマノミ”がカメラの方を向いた時がシャッターチャンス!
狙い定めてパシャ!!
さて、出来栄えはいかがでしたか(^_^)?

石垣島ファンダイビング ハマクマノミ

2本目は“マンタ”に会うことができるポイントへ。
おふたり共、水中での動きにも慣れてきたようです。
流れのある中でしたが、
マンタが集まってくる根まで泳ぐのも、スイスイ〜と余裕です(^_^)

石垣島ファンダイビングの様子

いくつかある“マンタ”の集まる根を回っていると、
ついに“マンタ”が現われました!
“マンタ”は行ったり来たりを繰り返し、ゆったり泳いでいます。
合計2匹のマンタに会うことができました。

石垣島ファンダイビング マンタ

夕方からはカップルでご参加のおふたりとダイビング体験へ。
ダイビングポイントに着くと、波も穏やかで水温も高くコンディションは◎。
水面近くはお湯のように温かなところもありました。

石垣島ダイビング体験の様子

太陽も海底までサンサンと降り注ぎ、海の中の景色も鮮やかです。
紫色のサンゴも太陽を浴びて元気いっぱいです

石垣島ダイビング体験の様子

泳ぎを練習しながら、いろんな景色を巡って行きます。
ダイバーを怖がることなく人なつっこく近づいてくる魚たちと遊んだり
面白い形のサンゴも見たり、楽しんでいるうちに泳ぎにも慣れてきます(^_^)

石垣島ダイビング体験の様子

最近、棲みついているこの“ハナミノカサゴ”は
ここがとっても気に入ったようです。
日に日にエサ取りも上達しているようで、
サンゴの周りにたくさんいた“キンセンイシモチ”の赤ちゃんたちは
このコに食べられてすっかりいなくなってしまいました。
“ハナミノカサゴ”のおなかはパンッパンに大きく膨らんでいました。

石垣島ダイビング体験の様子

夏日が続く石垣島。
明日の気温は30℃の予報、海で遊ぶには最適の日になりそうです。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.