ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメサンゴと魚に囲まれて/ファンダイビング

2010年5月3日(mon)カモメの足あと

朝から晴れ間がのぞく石垣島の空。
昨日とはうって変わっていいお天気になりました。

午前中は今回が2回目の石垣島でのダイビングというお客様と
朝、ちょっと早めの7時からファンダイビングに出発しました。
小さな魚たちが群れで泳ぐ姿やサンゴが広がる景色がお好きとのことですが、
前回のダイビングではあまり見ることができなかったそうです(^_^;)

今日はお天気も良いので、きっと海の中もきれいに見えるはず♪
まずはカラフルな熱帯魚たちが群れで泳ぐダイビングポイントで
魚たちと一緒に楽しくのんびり泳ぎましょう(^o^)/

その日、その時の潮の流れによって、魚たちの様子は違います。
今日は潮の流れが良かったようです(^_^)
“ヨスジフエダイ”たちもひとつにかたまって群れを作り、見応え充分!
ダイバーを怖がることなく近づいてくるので、すぐ近くで観察することができました。

石垣島ファンダイビング ヨスジフエダイの群

真っ白な砂地の上を少し泳いで行くと岩の様に大きな“ハマサンゴ”があり、
まるで砂漠にあるオアシスのようにたくさんの魚たちで賑わっています。
“ハマサンゴ”の周りでは、最近ここの住人に仲間入りした
“キンメモドキ”や“スカシテンジクダイ”の子供たちが群れをなしています。
産卵シーズンを迎えた大人の魚たちは、
2匹ずつのペアになって仲良く泳いでいます(^_^)

石垣島ファンダイビング スカシテンジクダイの群れ

しばらく周りで泳いでいると
窪みから大きな“アザハタ”がヌ〜ッと現われて、こちらの様子を窺っています。
どうやら、彼はこの“ハマサンゴ”のボスのようです。
ダイバーたちがやってくると、
「何か悪いことをしないか」と警戒して必ず見回りにやってきます(^_^;)

石垣島ファンダイビング スカシテンジクダイとアザハタ

砂地の上では顔だけちょこんと出した“ミナミホタテウミヘビ”が
目だけキョロキョロっとさせて周りの様子を窺っています。
離れて見ると、
周りにある貝や“ゴカイ”の巣穴の盛り上がった様子と見分けがつかないほど
実に見事な擬態ぶり!
近づいてよ〜く見ると、目も口も鼻の穴も付いているのが分かります(^_^)

石垣島ファンダイビング ミナミホタテウミヘビ

少し休憩を挟んだら、次は海底温泉のポイントへ。
着底する場所がないほど一面に広がったサンゴの森を抜けると
温泉の吹き出し口に辿り着きます。
次々に吹き出す温泉をウエットスーツの中に入れると、
ぬく〜っと温かくてとても気持ちいいです(^_^)
その上でマスククリアをすると、微かにイオウの匂いもします。

石垣島ファンダイビング 海底温泉

今日はたくさんの魚たちと泳ぐことができました♪
まだライセンスを取られて間もないということで少し緊張されていましたが
いいお天気と、サンゴやかわいい魚たちが不安感を忘れさせてくれましたね(^_^)

午後からは昨日に引き続きダイビング仲間3名様と
昨日は風邪でダウンされていたおひとり様も加わり
やっと4名様揃ってファンダイビングに出発です(^o^)/

まずはリクエストをいただいた体長80センチにもなる大きなイカ
“コブシメ”の産卵の様子を観察しに行ってみましょう!

産卵時期のピークを迎えているコブシメ達ですが
今年は例年より長い間観察することができそうです(^_^)
シーズン始めの頃はまだダイバーを警戒していたのか、
なかなか産卵行動を見せてくれませんでした。
最近は少しでも多く子孫を残そうと必死な様で、
「もうなりふり構っていられない!」というご様子!
手で触れられそうなほど間近に居るダイバーの存在もまったく気にせず、
せっせと産卵・交接を繰り返しています。

石垣島ファンダイビング コブシメとダイバー

少し移動して、今度は“ジョーフィッシュ”に会いに行きました。
今日は潮の流れが良く、しっかり巣穴から顔を出しています。
じっくり撮影できるので、とても助かります(^_^)

石垣島ファンダイビング ジョーフィッシュ

船の近くに戻ってからは、
しばらくそれぞれが興味のあることをじっくり楽しんでいただく時間です。
“ハナヒゲウツボ”の幼魚の写真を撮ったり、もう一度コブシメの様子を見たり。

石垣島ファンダイビング ハナヒゲウツボ

ちっちゃなイソギンチャクに一人暮らしの“ハマクマノミ”の赤ちゃん、
とっても小さくて難しそうなモデルさんですが、かわいく撮影できたでしょうか?

石垣島ファンダイビング ハマクマノミ

休憩を挟み、次のポイントでは“アカククリ”と一緒に泳ぎます。
何十匹も群れている様子や、“ベラ”に身体をクリーニングしてもらっている様子など
じっくり観察しに行きましょう。

少し深い水深を目指して潜行していると、
ぼんやりとアカククリ達の群れのシルエットが見えてきます。
もっと近づいて行くと、ベラ達に体をきれいに掃除してもらうため
“アカククリ”たちが並んで順番待ちをしている様子も見ることができました。
1匹1匹行儀よく・・・なんだかとってもかわいく見える仕草です(^_^)

石垣島ファンダイビング アカククリとダイバー

浅瀬の枝サンゴの周りでは
“イシガキカエルウオ”の赤ちゃんがピョンピョンとび跳ねていました。
暖かくなってきて、卵から孵ったばかりの赤ちゃんも元気に成長中。
これからはいろんなポイントで会うことができるようになるでしょう(^_^)

石垣島ファンダイビング イシガキカエルウオ

“イシガキカエルウオ”の隣には、ひとまわり小さい“インドカエルウオ”の姿も。
“イシガキカエルウオ”に邪魔者扱いされて追い出されたりしながらも
めげずに、こちらもたくましく成長中です。

石垣島ファンダイビング インドカエルウオ

明日も晴れの予報が出ています(^_^)
大荒れの天気予報が一転、嬉しいです♪
せっかくのGW、このままいい天気の日が続いてくれればいいです。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.