ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ代役モデル?/ファンダイビング・ナイトシュノーケリング

2010年5月1日(sat)カモメの足あと

やっと快晴の空が広がった石垣島!!
気温も28度まで上がり、GWにふさわしい太陽が顔をのぞかせます。

昨日ダイビング体験にお越しいただいたご主人が
交代で、お子さんとお留守番してくれているそうで、
今日は奥さんのファンダイビングの番。
ご主人も育児によく協力してくれるという仲良しご夫婦ですね(^_^)

「いつかご夫婦ふたりで一緒にダイビングを楽しめたら♪」と
ご主人に昨日のダイビング体験をおすすめされたそうです。
初めてのダイビング挑戦だったご主人の本音の感想は・・・?!
どうやら楽しんでいただけていたようで
ライセンス取得にも興味をお持ちになっているとか(^_^)
このご様子だと、おふたりでファンダイビングを楽しめる日は近いかもしれませんね(^_^)
まだ小さなお子さんが大きくなって3人揃って海へ遊びに行けるようになったら、
もうちょっと先のお話になりますが、さらに楽しそうですね♪

今回は久しぶりのダイビングとのこと。
少しずつ感覚を取り戻しながら水深を下げていくと
“アカククリ”たちが群れを作って泳ぐ水深まで到着!
立ち泳ぎをしたり背泳ぎをしたり・・・
30センチほどの“アカククリ”たちが何十匹ものんびりしている様子を見ていると
こちらまで群れに紛れ込みたくなるほど気持ちよさそうです。
小さなベラ達に体を掃除してもらっている“アカククリ”もいて、
ちゃんと行儀よく順番待ちをして並んでいるのがとてもかわいいです(^_^)

しばらく“アカククリ”の群れに入って一緒にゆったり泳いでいるうちに
ダイビングの感覚も大分取り戻せてきたようです(^_^)

石垣島ファンダイビング アカククリの群れ

船の下で安全停止している間は、“グルクン”達の群れに会えました♪
行ったり来たり・・・降り注ぐ太陽を銀色の身体に反射させながら
気持ちよさそうに朝ごはんのプランクトンをパクパクパク!
停止している3分間、元気いっぱいい泳ぐ“グルクン”を観察できました。

石垣島ファンダイビング グルクンの群れ

1本目で感覚が戻ってきたので
2本目は水中の地形が面白いポイントへ移動しました。
岩に開いている穴の中から見上げると
天井に開いた出口から降り注ぐ青い光の筋がとってもきれいです。

石垣島ファンダイビング トンネルをくぐるダイバー

力が入り過ぎて、途中口に少し海水が入るトラブル?もありましたが
久しぶりのファンダイビングは無事終了(^_^)
最後に船の下に戻るまでのサンゴの森は、光を受けてキラキラきれいでした。

石垣島ファンダイビング 太陽をバックに泳ぐダイバー

午後からはよくお越しいただくお魚大好きなご夫婦とファンダイビングへ♪
今日、まず第1本目は、
鮮やかな黄色と大きな眼が特徴の“ジョーフィッシュ”の撮影に向かいました。

その日の潮の流れによって、
機嫌よく顔を出してモデルになってくれる時と
すぐに引っ込んであまり撮影させてくれない時があります。
まずはよくダイバーたちが会いに来ていて、
比較的人に慣れている“ジョーフィッシュ”のところへ行きました。
ところが・・・今日はいつもより少しシャイになっているようです。
引っ込みがちで、なかなかゆっくり撮影させてくれませんでした(^_^;)

石垣島ファンダイビング ジョーフィッシュ1

「他のコなら大丈夫かも」と、
別のところに棲む“ジョーフィッシュ”も見に行ってみました。
こちらのコの方が普段は少し恥ずかしがり屋ですが、
今日はよく顔を出してくれていました♪

石垣島ファンダイビング ジョーフィッシュ2

ウミウシもお好きなおふたり。
船の下では大きな“スソヒダウミウシ”を撮影しました。
他のウミウシに比べてやや大きめということもあるからか、
海藻か何かに見間違えそうですが
光を当ててよく見るととてもきれいなウミウシです。

石垣島ファンダイビング スソヒダウミウシ

2本目のダイビングでは“アカウミガメ”のオスがメスを発見しました。
交接しようとオスは必死にメスを追いかけクルクルクルクル・・・
しばらく追いかけっこの様子を観察することができました。
逃げ回ったメスの方は・・・
その気がなかったようで、スッと逃げて行ってしまいました(^_^;)

石垣島ファンダイビング アカウミガメ

浅瀬を泳ぎながら、お目当ての魚のひとつ“モンツキカエルウオ”を探しましたが
今日は会えずじまいでした、残念(+_+)
代わりに、他のたくさんのギンポやカエルウオ達に会うことができました。

表情豊かな“ヒナギンポ”。
離れて見ていると、岩肌にくっついている藻類をすごい勢いでかじり取っています。
近づいてその様子を写真に撮ろうとすると・・・
こちらの気配を素早く察知して穴に逃げ込んでしまいます。
ただ、一度穴に引っ込むと少し警戒心が緩むのでしょうか?
驚かさないようにゆっくり近づくと、いろんな表情を撮影させてくれます(^_^)

石垣島ファンダイビング ヒナギンポ

サンゴの枝の隙間は最近増えた新しい住人たちで賑やかです。
枝の上にチョコンと乗っている5ミリほどの小さな“アカネダルマハゼ”の赤ちゃんは、
大人のヒレに蹴られながらも・・・新しい環境に馴染んできたようです(^_^)

石垣島ファンダイビング アカネダルマハゼ

夜からはナイトシュノーケリングに向かいました。
カップルでご参加いただいたおふたりは
初めての夜の海でのシュノーケリングに少し緊張されているようでした。

海に浸かって体を慣らしながら沖へ泳ぎ出します。
おふたりの泳ぎに合わせてユラユラ揺れる水中ライトの光が
遠くの暗闇を照らしています。
昼間のシュノーケリングに慣れていると
こんな景色を海の中で見るのはなんだか不思議な感じがします。

海底に一面のサンゴが広がるエリアを越えてさらに沖へ泳ぐと、
水深が10メートルになりました!
暗い海の底はドキドキするくらい神秘的です。
暗闇を照らす水中ライトを少しの間消してみると・・・
“夜光虫”の緑の光がポッポッと光り始めるのが見られます。
足ヒレの動きに合わせて、今度は夜光虫が光ります。
沖に進むに連れてその光の数も増えていき、
ついには周り全部が夜光虫の緑の光に包まれるほどでした!
夜光虫の海の中を泳いでいると、
まるで宇宙空間に居るような錯覚をしてしまいます。

最後に空を見上げると・・・
今度はキラキラ光る星空が見えました。
海と空の夜の景色、ずっと眺めていたくなります。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.