ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ念願の!?/ファンダイビング

2010年4月8日(thu)カモメの足あと

今日は太陽が出て、久しぶりに晴れた石垣島の空!
本日午後からファンダイビングにご参加いただく予定のお客様は、
これまでに何度も石垣島にいらしていますが、なかなかお天気に恵まれないそうです。
やっと念願の晴れ空の下でのダイビング♪とお待ちしていましたが・・・。

おふたりが空港に到着されたのに合わせるように(!?)モクモクと雲が出現、
あっという間に曇り空になってしまいました(^_^;)
前回、「次こそは晴れますように!」と思ったのですが、
今回もいつものように、曇り空の下でスタートです。

1本目は、初めてお越しいただいた時から「会ってみたい」とリクエストをいただいていた
“ハナヒゲウツボ”に会いに行きました。

この念願の“ハナヒゲウツボ”ですが、
不思議なことに、昨日まで、今まで、そこに居たはずなのに、
お客様のご参加日に合わせるように(!?)急に巣穴の場所を引っ越ししていたり、
どこかにいなくなっていたり、姿が見えなくなってしまったり・・・。
そんなことが数回続き、なかなかタイミングが合わずいつもすれ違いでした。

今日は・・・ついに会うことができました(^o^)/
“ハナヒゲウツボ”のダンスを踊っているような一定のリズムで首を縦に振る姿は
怖いイメージのある他の種類のウツボとは違って、とってもユーモラス♪
鮮やかなブルーと黄色も、一際きれいです。
身体の大きさは人間の子指くらいの太さで、体長1メートルくらい。
(穴の中に居て普段は出てこないので、全長を見るのは難しいですが)
大きく開いた口からのぞく鋭い牙が、キラッと光っています。
細かい小さな歯がきれいに並んでいて、とてもかわいく見えます(^_^)

石垣島ダイビング ハナヒゲウツボ

念願の“ハナヒゲウツボ”の撮影にしばし没頭・・・。

ふと周りを見ると
それまで静かだった景色は、ずっと下を向いてカメラを構えている間に一転!
いつの間にか何百匹もの“グルクン”の群れに囲まれていていました(^o^)
こちらも大勢で群れている“スカシテンジクダイ”達の群れと混ざり合って
圧倒されてしまうほど迫力いっぱいでした。

石垣島ファンダイビング グルクンの群れ

海の中は、春・恋の季節の到来です。
ダイビングポイントのいたるところで
“ミツボシクロスズメダイ”や“フタスジリュウキュウスズメダイ”の
求愛や産卵の様子を目にします。

“フタイロカエルウオ”のオスは、貝殻の中をきれいにお掃除中。
お気に入りのメスに求愛して気に入ってもらえればカップル成立、
この貝殻の中に産卵を始めます(^_^)
もう何日かしたら、一生懸命卵の世話をする姿を見ることができるでしょう。

石垣島ファンダイビング フタイロカエルウオ

初夏から夏にかけて、新しく孵った魚の赤ちゃんたちでにぎやかになる石垣島の海。
もうそろそろ、うろちょろと泳ぎ回る小さなコたちの姿が見られ始めています(^_^)
“フタイロハナゴイ”の子供たちもよく見かけるようになりました。

石垣島ファンダイビング フタイロハナゴイ

2本目のダイビングは、リクエストの「大物が見れるポイント」へ。
こちらのポイントもちょうど潮がよく、
“グルクン”“カスミチョウチョウウオ”“テングハギモドキ”・・・
数えきれないほどの魚たちが大きな群れを作って泳いでいました。

石垣島ファンダイビング テングハギモドキ

中層を泳いでいると、その周りを“イソマグロ”たちがグルグルグルグル・・・。
まるで水族館の水槽の中に入ったみたいに
本当にたくさんの魚と一緒に泳ぐことができました!

石垣島ファンダイビング イソマグロ

お天気はあいにくでしたが、海の中のタイミングはバッチリなダイビング♪
次回こそ!青空が広がる太陽の下でのダイビングになりますように(^_^)

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.