ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ2つの景色/石垣島ダイビング体験・ファンダイビング

2010年3月19日(fri)カモメの足あと

今日も石垣島の空は晴れ。
港を出て、だんだんダイビングポイントに近づくと
海の透明度も最高なのが分かります♪

午前中はカップルでご参加のお客様と
ダイビング体験に出発です。
水面での練習中、
ちょうど離島へ向かう定期船のラッシュ時間に当たってしまいました。
船が通過した後には大きな波が何度か来て
その大きな揺れにビックリしてしまいます。
海面はちょっと慌ただしいスタートでしたが、
海底に到着すると、
自分達の吐く息の音だけが聞こえる静かな世界が広がります。

石垣島ダイビング体験の様子

すぐ目の前を元気に泳ぐ“デバスズメダイ”の群れを前にすると
カメラのシャッターを押す回数も増えてきます(^o^)
彼女はご持参の水中フィルムカメラ、彼はレンタルの水中デジカメを
それぞれ思い思いの景色に向かって構え、ベストショットを狙います!

ボンベの空気の消費スピードは
お客様の呼吸量によってそれぞれです。
魚たちの行き交う景色にややワクワク感が高まっていたのか?
ボンベの空気が予定より早くなくなりました(^_^)

ダイビングは少し早めに終了となりましたが、
港へ帰ってしまうには、まだまだ時間があります。
今度は水面からシュノーケリングで海の景色を眺めましょう(^_^)

上から見下ろす景色は、
ダイビングで体験した景色とはまた一味違います。
海底が遠くに見えるので、少し不思議な不安な感じもします。
ですが、慣れてくるとフワフワ気持ちよく、
魚たちがすぐそばまできてくれていることにも気づきます(^_^)
こちらの風景も、おふたりで撮影されていました♪

石垣島シュノーケリングの様子

午後からは与那国島観光を終えて、
本日石垣島にいらっしゃったご家族4名様のお客様。
ファンダイビングに出発です。

9か月ぶりのダイビングということで、少し緊張しますね。
お母さんは耳抜きが苦手とのこと・・・心配されていましたが、
実際に潜行を始めると、やっぱりうまくいかなかったようです(+_+)
船の上で少し休憩され、まずはお父さんとお子さん3人で。
今日はコブシメが産卵するポイントへ行ってみましょう(^_^)

その時の潮の流れによって群れの形を変える“ヨスジフエダイ”達。
その群れの横を泳ぎ抜けたら、
“コブシメ”の産卵するサンゴが近づいてきます。

石垣島ファンダイビング ヨスジフエダイ

“コブシメ”達の姿が見えるまでは
「どうかなぁ・・・今日はここに居るかなぁ・・・?」
と少しドキドキしてしまいます。

石垣島ファンダイビング コブシメ

今日3匹に会うことができました(^o^)
オス同士のケンカにも遭遇し、墨を吐くシーンが見られました。

“コブシメ”夫婦は産卵中いつも一緒です。
オスはメスをしっかり守ろうと
ダイバーとメスの間にも入り込んできました。
しっかりとメスをガードして、
足を大きく広げた威嚇のポーズをとっています。

船に上がる前に安全停止。
今日のように透明度がいい日は
見上げた水面にキラキラ光る太陽がとてもきれいです。

石垣島ファンダイビングの様子

みんなが潜っている間休憩していたお母さん、
気を取り直してもう一度挑戦です!
少し移動して、前のみなさんとは別のポイントへ。

こちらのポイントには、
みなさん見たがっていた“カクレクマノミ”がいます。
“コブシメ”の代わりに、
“カクレクマノミ”に会って自慢しちゃいましよう♪

ファンダイビング カクレクマノミ

今度は焦らず、ゆっくり時間をかけて耳抜きを・・・。
ばっちり、“カクレクマノミ”の元まで行くことができました(^o^)/
今日はご家族同士でも違った景色を見ました。
今夜はお互いに報告会?自慢しあいっこ?!ですね(^_^)

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.