ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメいつまで会えるかな?/石垣島ファンダイビング

2009年12月23日(wed)カモメの足あと

今日は風も落ち着き、
久しぶりに石垣島の海も少し落ち着きました。
太陽が顔を出してポカポカと暖かな船の上では
気持ちよくお昼寝だってできそうです。

砂地のポイントは今日もたくさんの魚たちで賑やかです(^o^)
砂からひょっこり顔だけ出しているのは“ミナミホタテウミヘビ”。
うねりに均されて滑らかな海の底、
飛び出しているウミヘビの顔は目立つはず!
・・・かと思いきや、
周りにはウミヘビの頭とそっくりな形をした巻貝が落ちていたり
“ゴカイ”の巣穴の入り口も三角に盛り上がってウミヘビの頭に似ていたり。
一度目を離すとまた見つけられなくなってしまいます。

石垣島ダイビング ミナミホタテウミヘビ

体に白いラインが2本の“クマノミ”家族のイソギンチャクの中には
“トウアカクマノミ”の赤ちゃんが居候中でした。
このコ一匹だけは、尾びれ側の模様は背中の白い点。
同じ家にいても、他の4匹の“クマノミ”達に気を使いながら
イソギンチャクの端の方で遠慮がちに泳いでいます。
見にくいアヒルのコさながらにちょっとイジメられているようで
なかなかイソギンチャクの中に入れてもらうことはできません。
このイソギンチャクの中で大きくなるのはちょっと難しそうでしょうか。
以前見た時は、4匹の“クマノミ”と
一緒に流れ着いた2匹の“トウアカクマノミ”の赤ちゃんがいたはずですが、
今日見たところだと、もう一匹のコはいなくなってしまったようです。

石垣島ダイビング トウアカクマノミの赤ちゃん

少し離れたサンゴの枝の上では
ピンク色の“カエルアンコウ”のコを発見しました。
周りのサンゴに上手に隠れているようです。

石垣島ダイビング イロカエルアンコウ

手のような胸ビレを上手に使い、
しっかり枝につかまって擬態ししています。
引っ越しがお好きらしいこの“カエルアンコウ”は、
会いに行くたびに、隣りのサンゴへ、また別のサンゴへと移動しています。
いつまで見失わずに見ることができるでしょうか(^_^)

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2009石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.