ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ海の中の衣・食・住/石垣島ファンダイビング

2009年12月21日(mon)カモメの足あと

今日も石垣島の海は波が高め。
風も吹いていて船の上では肌寒いので
海に入っている時の方が温かく感じます。

今日のダイビングは小さな生き物にも注目!
まずは、砂地の上に棲む“ヤシャハゼ”。
紅白の模様がおめでたい“コトブキテッポウエビ”と共生しています。
このポイントにはダイバーがよくやってくるからか、
“ヤシャハゼ”も慣れたもの。
カメラを向けるとバッチリポーズをキメてくれます。
・・・といっても
あまり近づきすぎると、
エビと一緒にピュンッと巣穴に引っ込んでしまいます。

石垣島ダイビング ヤシャハゼとコトブキテッポウエビ

次に見に行ったのは、
砂地の上にポツンとある枝サンゴのカケラの上です。
そこには、“カエルアンコウ”が上手に擬態して棲んでいます。
枝サンゴにつかまってほとんど動くことがなく・・・
かなり長い時間ジ〜っとしていたのか
体じゅうに藻が生え始めています。
隠れるのにはいいかもしれませんが、
写真写りはもっさりと、ちょっと悪くなってしまいます(^_^;)

石垣島ダイビング カエルアンコウ

“カエルアンコウ”の他にも、
砂地の上には擬態名人がたくさんいます。
砂に体を隠して目だけをピョコンと出しているのは“ヒメオニオコゼ”です。
上手に隠れて休憩しているところを邪魔してしまったようで
モソモソっと砂から出てきて大きなあくびをひとつ・・・?
周辺をゆっくり歩き回りましたが、
またノソノソと砂の中に戻って行きました。

石垣島ダイビング ヒメオニオコゼ

その隣の岩の上では“ウミウシ”がランチタイムの真っ最中でした。
自分の体と同じ色のきれいな海綿(カイメン)をモソモソ食べていました。
さっきのオコゼに負けないくらいの大きな口でした。

石垣島ダイビング トサカリュウグウウミウシ

休憩を挟んだら次のポイントへ。
こちらでは、“タコベラ”2匹が
境界線をめぐってケンカの真っ最中!!
体色も普段より赤身が増していて、
かなり興奮しているようです。
一旦いがみ合いも終息?
終わったと思ってしばらく見ていると
まだ怒りがおさまらないのか、再び噛み合いが始まりました。
何度も何度も飽きることなく・・・
お隣問題が解決するまで繰り返すようです(^_^;)

石垣島ダイビング タコベラのケンカ

次の岩山まで移動すると、
サンゴの裏側でひとり暮らしの“オキゴンベ”がのんびりしていました。
ここがお気に入りの隠れ場所のようで
落っこちることもなく、上手にくっついて休んでいます。

石垣島ダイビング オキゴンベ

少し天気が悪かったのですが
いろんなところに棲んでいる魚たちを訪ねながら泳いでいると
波の高い水面のことなんてすっかり忘れて、
静かな海の世界に没頭してしまいました(^_^)。
あっという間に80分間でした。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2009石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.