ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ海中の生活リズム?
/石垣島ダイビング体験・ファンダイビング・シュノーケリング

2009年10月10日(sat)カモメの足あと

昨日と変わらず、まだ台風の影響から波のある石垣島です。
午前中は特に波があり、
ポイントに着くと結構な高さに感じます。
初めてダイビングに挑戦される方なら少しビックリされるかもしれませんが
今日のお客様は
今年だけで4回の体験ダイビングをされているということで
すんなりと海の中に入ることができました(^_^)

あんなに揺れていた水面でしたが、
海底は正反対に静かなブルーの世界です。
白い砂地の上に広がるサンゴには
ブルーの海によく似合う
黄色い体の“ヨスジフエダイ”たちが
たくさん群れていました。
その中でも、それぞれに派閥のようなものがあるのか
いくつかの仲間に分かれて、点々と泳いでいました。 ダイビング体験の様子

その反対側のサンゴの上では
“グルクン”たちが朝食の真っ最中でした。
こちらも数百匹の大きな群れになって
必死にプランクトンを食べていました。 ダイビング体験の様子

午後からはファンダイビングに出発!
お客様は
ついこの間のシルバーウィーク中にライセンスをとられたというご夫婦です。
そのライセンス講習の間も、台風の影響で波があったそうですが、
今回のファンダイビングも残念ながら波は高め・・・
しかし、講習の時に実践的に練習されているので(?!)
大丈夫ですね(^_^)
島影の、波の影響をあまり受けなくて済むポイントを選び、スタートです。

今回が初めてのボートからのエントリーだそうですが
ロープをつたって海底までも順調に辿り着きました。
講習の時は耳抜きが苦手で苦労されたそうですが、
その時の練習を思い出しながら、落ち着いてみると
なんの問題もなく耳抜きもできました。 ファンダイビングの様子

海の中の感覚を思い出してくると
実践で中性浮力をとって泳ぐこともバッチリ(^_^)
“キンギョハナダイ”や“アサドスズメダイ”たちが群れる
“ユビエダハマサンゴ”の群生の中をふわりと浮かびながら進みます。 ファンダイビングの様子

今日は、お二人が泳ぐ下に他のダイバーがいました。
彼らの作る泡が水面まで昇ってきて、
キラキラと太陽の光を受けながら揺れる不思議な空間でした。
初めて泳ぐ南の海の中での1時間は
あっという間に過ぎていました。

2回目はポイントを移動して
水中カメラの撮影にも挑戦です。

体のバランスが取りにくいので
陸上よりもピントが合わずにやや苦戦されていたいようですが・・・
かわいい3匹の“カクレクマノミ”がモデルを務めてくれて
水中写真もバッチリ(?!)撮れました(^o^) ファンダイビングの様子

船に戻る途中、
枯れた海藻そっくりに擬態した“カミソリウオ”を発見。
その見事な化けっぷりにはビックリしました。 ファンダイビングの様子

心配していた耳抜きも回を重ねるごとにコツがつかめ
気付けば難なくできるようになっていました(^_^)

夕方からは石垣島は2回目というお客様と
ビーチからのシュノーケリングに出掛けました。
前回のシュノーケリングでは船酔いをされたそう。。。

ビーチを出発して10分も泳ぐと
サンゴ礁の広がる景色が現われます。
その上には棒のように細長い体をした“アオヤガラ”が
じっと小魚を狙っていました。 シュノーケリングの様子

少し雲が出てきた夕方は、海の中はちょっと早めに夜の準備。
イソギンチャクは触手をしまい始めています。
ほとんど穴に入ってしまうと、
イソギンチャクの住人の“ハマクマノミ”の夫婦は
ちょっと困ったような表情をしていました。 ハマクマノミ

たくさんの海の生き物たちに出会いながら
リラックスして海の中に浮かぶ感覚をしっかりつかめて、
明日は念願のダイビングに挑戦です!

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2009カモメ潜水, All rights reserved.