ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメニモのそっくりさんとのんびりマンタ
/石垣島ファンダイビング・ナイトシュノーケリング

2009年9月23日(fri)カモメの足あと

最近の石垣島はなかなか海況が安定しません。
今日も少し波が高めです。

午前中のファンダイビングはご夫婦でご参加いただきました。
2年振りのダイビングとのことで
今回はブランクのある方や初心者の方にも優しいコースをご希望です。

まずは浅い水深でサンゴと多くの熱帯魚の見られるポイントへ。
サンゴが集まった大きな岩山がいくつもあります。
そのうち、一番大きな岩のイソギンチャクに棲んでいるのが
いつも会いに来る3匹の“カクレクマノミ”の赤ちゃんたちです。
今日は、奥に隠れてなかなか見ることのできない
一番小さなコにも会うことができました(^_^)

石垣島ファンダイビング カクレクマノミ

この一番小さなコは
日によっては活発に動いて表面まで出てくることもありますが、
ほとんどは中に埋もれて、体が小さくて色が薄いこともあり、
確認することが難しいです。
最初は、同じイソギンチャクに棲んでいる大きな2匹からけん制され
居場所を確保することができませんでした。
このごろはやっと住民として認めてもらえたのか
定位置ができてきたようです。
一等地・イソギンチャクの中心にはまだ棲めませんが、
端っこの方に、
それでも住み心地の良さそうなスペースを与えてもらったようです(^_^)

石垣島ファンダイビング の様子

少し移動すると、
“スズメダイ”たちがたくさん棲んでいるサンゴの山に行きつきます。
潮の満ち引きで海の中に少し流れがある時の方が
魚たちは元気で活発に泳いでいるようです。
この時は朝食タイムだったようで、
流れてくるプランクトンのエサをパクパクと食べていました。

2本目は海底から温泉が湧き出ているポイントへ。
温泉は今日もいい塩梅です(^_^)
吹き出し口から出た熱い温泉は
海水と混ざりあって気持ちいい温度に。

しばらく温泉につかって船へ戻る途中、
大きな“ハマサンゴ”の下にぽっかりと空いた穴があります。
その中にはたくさんの“ウケクチイットウダイ”たちが
いつものように群れて泳いでいました。

石垣島ファンダイビング ウケクチイットウダイ

こちらのポイントの海の中は、流れがやや落ち着いていました。
“ウケクチイットウダイ”たちも
流れのある時は穴の外にも出て活発にエサを食べていますが、
流れのない時は穴の中に籠ってのんびりと過ごしていました。

午後からは昨日からご参加いただいているお客様とファンダイビングへ。
石垣島ならではのダイビングがしたいとのリクエストをいただき、
この時期、“ハナミノカサゴ”がたくさん集まるポイントへ行ってみました。
春過ぎにふ化して大きくなってきた“キンメモドキ”が一カ所の岩に集まり、
それを狙って“ハナミノカサゴ”たちがやってきます。
この日はこの近くで15匹以上を見ることができました。

ここには同じく“キンメモドキ”を狙って
“アナゴ”の仲間もやってきていました。
ここはレストランでありながら、
エステも揃った魚たちに人気のスポットです。
体を掃除してくれるエビの仲間がたくさん棲んでいて
このアナゴも頭の上を
“ソリハシコモンエビ”にキレイにしてもらっていました。

石垣島ファンダイビング アナゴとソリハシコモンエビ

この近くにはかわいい“カクレクマノミ”の中でも
特にかわいい顔をした(?!)“カクレクマノミ”の子供がいました。
映画のニモにそっくりな、ちょっとやんちゃな表情をしていました(^_^)
この時期は小さな子供が一匹だけで棲んでいるのをよく見ます。
ちいちゃなクマノミとちいちゃなイソギンチャクの組み合わせが多いようです。
こんな目立たないイソギンチャクをどうやって見つけるのか、
不思議です。

石垣島ファンダイビング カクレクマノミ

2本目は、念願のマンタへ!
昨日はポイントへ向かおうとした途中、波が高くて断念したところです。
今日もうねりがあり、ポイントについてもその影響はありましたが、
潜ってしまうと海底は静かで
マンタが集まるポイントに着くと
すでにマンタが待っていてくれました(^_^)

石垣島ファンダイビング マンタ

夕方近くなっていたので
他のダイバーはもういませんでした。
ストレスを感じることもなかったのか、
同じ場所に留まってくれて悠然と泳ぐマンタと
根を独占で共有しながら観察させてもらいました。

すぐ真上を通り過ぎたり
じっくりシャッターを切りながらたくさんの写真を撮影したり
かなりの時間、その姿を見ることができました。
この場所から離れないで行ったり来たりしていてくれたので
後で確認すると
50枚近くの写真が撮れていました。

石垣島ファンダイビング マンタ

ポイントを離れて船に戻ろうとする時も
見送るように後をついてきて(?)くれました。
ややうねりはありましたが、今日もいいダイビングができました(^_^)

夜はカップルでご参加いただき、ナイトシュノーケリングへ。
夜は特に、日によっては魚たちにあまり出会えないこともありますが
今夜はたくさんの生き物が活発に動き回っていたり
見つけやすいところで眠っていたりしました。

獲物を探して海底に開いた穴に隈なく頭を突っ込んでいる“ウミヘビ”は
まだまだ今夜は夕食にありつけていないようです。
海底のテーブルサンゴの上にちょこんと乗っかって眠る“オジサン”は
まるで酔っ払いのように(?!)真っ赤になって
擬態していました。
逆立ちして眠る“チョウチョウウオ”も
流されないように、眠りながらもヒレをちょこまか動かしていました。

今夜も“夜光虫”は緑色に光を放ち
海の中に幻想的な星空を作りだしていました。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2009カモメ潜水, All rights reserved.