ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ太陽が戻ったら/石垣島ダイビング体験

2009年7月22日(wed)カモメの足あと

今日は日食が見られる日です。
石垣島でも83%太陽が欠ける部分日食が見られます。
朝から晴天の石垣島は絶好の観察日和で、
午前9時30分頃から観察してきました。

食が最大になる10時46分頃には
細い三日月のように形を変えた太陽が見られました。
陽射しもやや弱くなり、辺りも少し薄暗い不思議な景色になります。
暑さもしばし和らぎ、本当に涼しく感じられました。

午後からダイビングにご参加のお客様も
つい先ほどまで日食を観察されていたそうです。
太陽がいつものまん丸に戻った12時30分から、ダイビングはスタートしました。

奥さんはダイビングライセンスをお持ちで、
旦那さんは初めての挑戦とのことでした。
旦那さんもすぐにコツをつかんで上達し、
あっという間に奥さんにも負けないくらいスムーズに泳げるようになりました!

夏になり、藻の畑は今年も豊作。
農業をする魚“ダンダラスズメダイ”は、畑仕事に大忙しです。
大切に育てた藻をちゃっかりいただこうとする他の魚たちを追い払おうと
あっちにこっちに、一生懸命泳いでいました。
写真を撮ろうと構えたら、ものすごい勢いで向ってきて
こちらもしっかり威嚇されてしまいました(^_^;)

石垣島ダイビング ダンダラスズメダイ

次のサンゴ山までは、白い砂地の上を泳ぎます。
“アオバスズメダイ”と“デバスズメダイ”の群れがいろんなところで見られます。
白の上に点々と行きかうブルーとのコントラストは
いつまで見ていても飽きません。
ダイバーが吐く息の泡で流れが少しだけ変わり、
魚たちはエサのプランクトンをすぐ目の前で食べ始めました。
パクパクと元気で、とてもかわいいです。

石垣島ダイビング 風景

夕方からはカップルでご参加のお客様とダイビング体験へ。
今回が初めてとのことで、ちょっとだけ緊張されていらっしゃるとのことです。
ボンベの空気で、呼吸器を使っての呼吸には少し手間取りましたが、
いざ覚悟を決めて海での練習を続けること5分。
少しずつコツが分かってきて、不安もだんだんなくなって、
海底まではあっという間に行くことができました。
一度コツをつかんでしまえば、水中は快適な空間になります♪

石垣島ダイビング体験 風景

小さなサンゴにおさまりきれないほど集まっている“デバスズメダイ”の赤ちゃんたち。
増えては減り、そうかと思えばまた増えて・・・
サンゴの保育園もいつでも定員いっぱいの満員状態です。
狭い隙間にもひしめき合いながら、元気に暮らしています。

石垣島ダイビング体験 ハマクマノミ

船に上がる前に“ハマクマノミ”カップルのイソギンチャクの家の前を通りました。
ダイバーカップルとクマノミカップルのダブル2ショットをパチリ。
最初はちょっと苦労されましたが
無事に海に入ることができて、
いつもと違った空間へ遊びに行くことができましたね。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2009カモメ潜水, All rights reserved.