春、近づいたり戻ったり? 2018年2月22日(木)

ダイビング体験

, ,

天気 * はれ
気温 * 20℃
水温 * 23℃

思ったよりは…波はありませんでした

少しずつ、春の足音が
聞こえてきたような気がした石垣島ですが…
今週は雲が多いお天気が戻ってきたようです(^^;)
気温も低めの一日に。

午前のダイビング体験

昨年もお越しいただいたお客様と、朝の海へ(^^)
前回から少し間が空いているので、軽く復習を済ませたら、
以前潜った水深よりも深い海底を目指してみましょう!

【やや深めの水深へ】

陸上とは重力の感じ方がまったく違う、
まるで無重力の世界のような海の中。
以前の感覚を思い出されるのにも、
ちょっぴり時間が掛かりますよね。

【人なつっこいシロタスキベラ】

水の中で浮力に自然と身をゆだねる事にも
だんだんと慣れて自然に動けるようになってきたところで、
次は海中洞窟の探索です♪

【冒険気分で進みます!】

洞窟の出口に、ゾウリエビの脱皮後の抜け殻が!
まるで生きているかのようにそのままの形で残っていました。

【イセエビの仲間です】

洞窟の出口から中までブルーの光が射し込み、
海の中でしか見られない幻想的な世界が広がります。

【光と影と水が作り出す光景】

冬の間は数が減っていた、洞窟の住人イセエビたちも、
春の訪れを感じているからかまた増えてきたようです。

【賑やかさが戻ってきました】

慣れるまでは苦戦されていた、
浮力を味方のつけてふわりと浮かぶ泳ぎ方も、
次第に余裕さえ!?感じられるように(^^)

【海底を離れてふわり…これぞダイビングの醍醐味!】

岩山の上に棲むカクレクマノミ。
冬の間はあまりダイバーがやって来ないので、
久しぶりのダイバーの訪問に興味津々です。

【警戒心より好奇心が勝る!?】

砂地のポイントでは、
60㎝はありそうな大きなコブシメのメスに会いました。
しばらく観察していると…
近くにいたオスと合流して産卵行動が始まりました。

【石垣の冬の海の見どころです】

彼は全精力を使い果たされたのか(^^)
ダイビング後はちょっぴりお疲れのようでしたが、
彼女はまだ潜り足りないかも…!?
お時間さえあればもう1本…行けたらよかったのですが、
次のご予定もおありなので、今日はここまでです♪

この後は、西表島へ渡られるそうです。
今日はあいにくの寒空でしたが、
明日からは晴れ間もみられるかも?
外れることも多い八重山地方の天気予報ですが…(^^;)
どうか、当たってくれますように。
前回に引き続き、ありがとうございました!

up

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL http://www.kamome-kamo.com/kamomediary/wp-trackback.php?p=20184

Back to Top ↑