晴れマークの行列です 2017年8月16日(水)

スキンダイビング/ディープシュノーケリング, ダイビング体験, ナイトシュノーケリング

, , , , ,

天気 * はれ
気温 * 33℃
水温 * 30℃

汗がにじんできます(^^;)

このところ、天気予報はず~っと晴れマークでしたが、
これからもまだしばらくいいお天気が続きそうです。

こんなに海水温が上がると、
そろそろ台風発生というところですが…
まだ台風接近の気配は感じられません。
去年に引き続き、
今年も石垣島は台風がほとんど来ないのでしょうか?

午前のダイビング体験

一昨日、昨日もツアーにご参加くださった、
海が大好きなご家族のお客様です(^^)
今日は本来ご予約いただいていた日ではありませんでしたが…
急きょ2回目のダイビングに挑戦されることになりました。

昨日もみなさんダイビングは大成功でしたが、
かなり緊張されていた方もいらっしゃいました。
他のご家族のみなさんは今日は少し深い水深に挑戦されますが、
やっぱり「ちょっと不安…(+_+)」というおふたりは無理をせず、
昨日と同じ浅めの水深で潜っていただくことになりました。

昨日に比べると波も穏やかになっているので、
潜降前の緊張感も少し緩和されたでしょうか(^^)
昨日とは打って変わってスムースに潜降されて、
あっという間に海底まで到着されました♪

【グルクンの赤ちゃんたちが出迎えてくれました】

紐のような細長~いタツノオトシゴの仲間のオイランヨウジや、
サイコロのようにコロコロかわいいいミナミハコフグに会いました。

【こちらはオイランヨウジ】

ガラスのように体が透けて骨まで見えるスカシテンジクダイ。
一匹一匹は2㎝程ととても小さいのですが、
何万、何千匹と集まった群れは迫力があります。

【光を浴びてキラキラ】

50分間潜ってもまだまだ潜り足りなそうなおふたりでした(^^)
今日くらい余裕があれば、
いつか深い水深にも挑戦できそうですね。
「昨日コワかった…(+_+)」と
2回目のダイビングはやっぱりやめようか…と迷ったそうですが、
頑張って挑戦されて、大正解でしたね♪

【太陽が海底の砂地まで届きます】

ポイントを移動して、
次は深い水深に挑戦されるみなさんとウミガメを探しに行きました。
みなさんも昨日より今日の方がスムースに潜降されていました(^^)

【やや深いポイントですが、順調な潜降です】

潜り始めてすぐ、子供のアオウミガメに遭遇しました。
ソフトコーラルに体を摺り寄せるお馴染みの謎の行動…
体が浮かないように固定しているのでしょうか?

【今度、じっくり観察してみよう】

カクレクマノミが棲むセンジュイソギンチャクの中に
かわいい赤ちゃんを見つけました。

【すぐイソギンチャクに引っ込んで見失ってしまいます(^^;)】

手を差し出すとちょこんと乗って
角質を掃除してくれたホンソメワケベラの赤ちゃん。
チョンチョンとこそばゆくて気持ちいいです。

【お掃除上手な魚です】

終盤は中性浮力でふわりと浮かびながら
海底から離れて中層を泳げるようになられました♪

【これこそダイビングの醍醐味!】

今日のダイビングもみなさん大成功でした(^^)
明日はとうとう石垣島ご滞在の最終日です。
早朝のシュノーケリングにお越しいただく予定なので、
今夜はお早めにごゆっくり休んでくださいね。
今日もありがとうございました♪

午後のスキンダイビング/ディープシュノーケリング

今年に入り、石垣島へ何度もお越しになられているお客様。
その度にスキンダイビングをされ、
最深記録を着実に更新されています!

今日の1本目は、少し浅めの水深からスタートです。
ユビエダハマサンゴが群生するポイントでは
ご持参のカメラで写真撮影にも挑戦されました。
まだカメラを使い始めたばかりで
なかなか思うようにはいかないそうです(^^)

【練習も楽しいですよね♪】

撮影難易度やや高めなクロスズメダイの赤ちゃん。
ちょこまかと動き回るのでなかなかピントが合わない…
強敵でしたね(^^;)

【色合いが美しいです】

次は水深を深くして、
最大18mまで潜れるポイントへ。

【船が遠くに見えます】

まずはウォームアップで、
浅い水深の海中洞窟を通り抜け!

【軽々通り抜けられました(^^)】

さらに長い洞窟にも挑戦され、
こちらも難なく通り抜け成功されました(^^)

【神秘的な空間です】

いよいよ最深記録の更新を狙ってどこまで行けるか挑戦です。
これまで調子が悪いことも多かった耳抜きも
前回しっかりとコツをつかまれたので絶好調、
記録を3m更新されて13mを達成されました!

【今回も記録更新!】

前回から使用されている長いブレードのフィンも
使い慣れてしっかり馴染んでいらしたようです。
明日は別のツアーにご参加されるということで、
お気を付けて楽しんでくださいね!
今回も、ありがとうございました。

夕方のダイビング体験

お子さんたちにスキューバダイビングを体験させてあげたい!と
急きょご参加いただいたご家族のお客様(^^)
こちらのツアーの前にシュノーケリングは体験済みだそうで、
水中メガネを着けての口呼吸も問題なくできました!
耳抜きの練習には少し時間がかかりましたが、
お父さん、お兄ちゃん、妹さん、みなさん揃って
船の下の海底まで無事に潜降されて到着です♪

【夕方の海の中】

シュノーケリングでは水面から見下ろしていて
ちょっと距離があったカクレクマノミも
今度は触れられそうなくらい近くで観察できます(^^)

【イソギンチャクから顔を出してお出迎え♪】

みなさんがやって来た気配をかぎつけて、
ミツボシキュウセンたちも集まって大歓迎♪

【砂を巻き上げてあげると喜びます】

水色のデバスズメダイたちは、ちょうど夕食時。
魚たちも寝る前にその日最後の腹ごしらえをするので、
流れてくるプランクトンを一生懸命ついばんでいました。

【夕食時は海の中も賑やかに】

お父さんとお母さんからのプレゼント、
夏休みの海中大冒険は無事終了です(^^)

海底から船へと上がると、
黄昏色に染まった空には虹のアーチが掛かっていました。

【夕焼け色の虹】

石垣島でのバカンスは今日までとのこと。
旅の最後を飾るダイビングは大成功でしたね♪
ご参加いただき、ありがとうございました!

ナイトシュノーケリング

ご家族でご参加くださったお客様と、夜の海へ。
みなさんシュノーケリングのご経験は豊富で、
昼間の海では何度も泳いでいらっしゃるそうです(^^)
夜の海で泳ぐのは今回が初めてですが、
不安な様子もなく泳ぎ初めていただけました。

今夜は少し遅めの時間からのスタートだったので、
ポイントに着いたら、辺りはもうすでに真っ暗!

水中メガネを着けて海の中をのぞくと
夜光虫の淡い緑の光が一面に広がりました。
空には満天の星空で、
いきなりクライマックスからのスタートです♪

【空も海もキラキラ☆】

夜の海の見所のひとつ、
魚たちの眠る様子を観察しながら泳ぎました。

寝ぼけて真ん丸に膨らんだハリセンボンの登場です。

【夜の海ではお馴染みメンバー】

天敵の魚たちが寝静まると、
昼間は奥の方に隠れていた生き物たちが活動を始めます。
握りこぶしよりも大きなウニたちも
エサを求めて這い出してきたようです。

【夜の海では主役が交代】

ここに来るといつも会いに来るカクレクマノミ。
今夜もイソギンチャクのブランケットに包まって
気持ちよさそうに眠っていました(-_-)zzz

【ぐっすり眠っています】

港への帰り道は星空を見上げながら…。
流れ星を見つけました☆彡
少し遅めのスタートとなりましたが、
ご参加いただきありがとうございました!

up

“晴れマークの行列です” への4件のフィードバック

  1. 池田 より:

    アップ待ってましたー ありがとうございます
    カモメさんのブログが好きで、ついつい読みふけってしまいます。

    そうそう、ダイビングのとき、ずっと不思議に思っていたのですが、平山さんは海の中でふんわり浮いているのに、なんで私の足は砂に着いたまま・・・?と思いながら、足をずるずるひきずってました(;_:) 海の真ん中でふわっと浮いて泳いで進みたい、それが次の目標です。またよろしくお願いします。

    • カモメ潜水 より:

      池田様、コメントありがとうございます!更新がすーーーーーっかり遅くなってしまったにもかかわらず(+_+;)、本当にありがとうございます。お待たせしてしまいまして、大変申し訳ございませんでした。
      誤字脱字に更新も滞りがちなこのブログですが、のぞいていただいてうれしいです。…更新するぞ!と励みになります(^^)本当にがんばろう…。

      ダイビングの醍醐味のひとつは、このふんわり浮かんで泳げる浮遊感だと思います。地上ではなかなか体感できない感覚ではないでしょうか。ちょっと水深があるところだと、空を飛んでいるような不思議な気分が楽しめますよ(^^)景色や魚たちを見る以外にも、海の中に自分がいること自体を楽しめる、ダイビングのもう一つの魅力だと思います。

      ダイビングで浮かんで泳ぐことができるのは、肺の中の空気が浮き袋のような役割をしてくれるからです。そのため、呼吸量を調整するだけで、浮かんだり沈んだり(潜ったり)も思いのままにできるんですよ(^^)ダイビングでは、これを『中性浮力』と呼んでいます。(BCジャケットの中の空気で調整することもありますが、肺だけでもちゃんとできます)

      ただ…最初から「浮かんで泳ごう!」と思うと、どうしても脚でキックして無理に浮かぼうとしてしまいがちです。また、緊張などから呼吸が速くなったり浅くなったり…安定していないと、肺の浮き袋はしぼんだり膨らんだり、肺の中に充分な空気がない状態になったりしてしまいます。すると、体もユラユラふらふら不安定になります。海の中でぐるんとでんぐり返りしてしまうことも、ダイビング初期の“あるある”です。

      そのため、当店の体験ツアーでは、ウエイト(腰に巻いたりした重り)をやや多めに付けています。浮かぶのはちょっと難しくなってしまうのですが、海のウネリや浮力に負けずに安定してくれます。あれがないと、おっとっと…ぐるんぐるん…になりかねません(^^;)緊張されている時にそんな風になると、ご本人はきっとパニックになってしまいますよね。

      緊張がほぐれてきたらウエイトをちょっと減らして、ぜひ今度は『中性浮力でふわりと浮かんで泳ぐ』を目標にしてみましょうね!
      ダイビングではシンプルに、いつも通りの呼吸とリラックスすることとがとっても重要です。とはいえ、緊張しているとどちらも難しいので、無理せず慣れていけたら一番いいですよね。景色や魚たちも緊張をほぐしてくれるありがたい存在ですので、深く考えずに楽しもうとするのが一番近道でしょうか。
      またぜひ、ダイビングにも挑戦されてみてくださいね!お待ちしています(^^)

  2. 前田 耕 より:

    こんにちは、8月16日午後からお願いしました前田です。先日は急な予約にも関わらず、迅速にご対応いただき有難うございました。また色々と御親切に指導いただき感謝致しております。お蔭様で家族での初めてのダイビングが経験でき本当に嬉しく思っています。石垣島でのいい思い出を作る事ができました。また来年も伺いたいと家族も言っておりますので、またその際には連絡させていただきたく思います。海中写真ホテルまで届けていただき有難うございました。またお会いできます事楽しみにしています。

    • カモメ潜水 より:

      前田様、少し前になってしまいましたが、8月16日には皆様でツアーにご参加いただきまして、本当にありがとうございました!また、こちらのコメントもありがとうございます。いい思い出になったとおっしゃっていただけて、とてもうれしく読ませていただきました。

      お返事が遅くなってしまい、大変申し訳ございませんでした。

      ※ブログの更新が遅れていたため、コメントをいただいた時点で8月16日の記事がアップされておらず別日の記事にコメントをいただいておりました。今回、ツアー日の記事アップに伴いまして、コメントを移動させていただきました※

      当日は限られた時間の中でしたが、皆様にスキューバダイビングで石垣島の海の中の世界をご覧いただけてよかったです。お子様たちもおふたりとも大成功!だったのも何よりでした。
      お兄ちゃんには日本語でのご説明で分かりにくかったかと思いますが、しっかり理解してチャレンジしてくれました(^^)妹さんも怖がることもなく、潜ってからの泳ぎも上手でスイスイ進んでいらっしゃいました(^^)

      少し慌ただしいツアーになってしまい、また、タクシーを早く手配し過ぎたりとご迷惑をお掛けしてしまった点もございましたのに、こちらのコメントや写真をお受け取りいただいた際のお電話など、ご丁寧にお気遣いいただいて大変恐縮でございます。その度に温かいお言葉を掛けていただき、とてもうれしかったです。ありがとうございました。
      石垣島にお越しの機会がありましたら、ぜひお声掛けいただけますでしょうか。また石垣島の海でお会いできます日を、心より楽しみにお待ちしております!

      この度は本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL http://www.kamome-kamo.com/kamomediary/wp-trackback.php?p=18261

Back to Top ↑