石垣島の暖かい冬の日 2014年1月28日(火)

ファンダイビング

,

天気 * 晴れ
気温 * 23℃
水温 * 22℃

サトウキビの花が満開です

久し振りに青空が広がり、気持ちいいお天気でした。
港にしばらく車を停めておいて戻ると、
中が「暑っ!」と感じるくらい
今日は太陽がサンサンと照っていました。

午後のファンダイビング

お客様は、本日石垣島に到着されたばかりです。
去年の9月には沖縄本島で潜っていらしたそうで、
石垣島でのダイビングは今回が初めてとのことです(^^)

【ハナビラウツボが様子を見ています…】

【ハナビラウツボが様子を見ています…】

1本目は、そろそろ本格的なシーズンを迎えつつある
コブシメたちの繁殖行動を観察できるポイントへ行きました。
コブシメは、体長が60cmほどもある大きなイカです。

今日は6匹のコブシメたちがサンゴの周りに集まっていましたが、
まだ30㎝ほどの若いコブシメたちがほとんどでした。
警戒していたのか、
すぐにどこかへ逃げていってしまいました…。

沖の方まで泳いで出ていくと、
サバの仲間・グルクマたちを発見しました。
銀色の体に陽射しをキラキラ反射させながら、
外れそうなくらい大きな口をあけてプランクトンを食べています。
100匹を超える大きな銀色の群れが行ったり来たり…
何度も目の前を通り過ぎて行きました。

2本目は、アカククリたちの集まるポイントへ。
毎年水温が下がる頃に大きな群れを作ります。

【ゆったりとした時間が流れます】

【ゆったりとした時間が流れます】

たくさんの仲間たちに囲まれて、
安心しているのか?のんきなのか?
触ることができそうなほど近づいても、
まったく逃げる気配がありません。

【ようこそ~(^^)】

【ようこそ~(^^)】

そんなアカククリたちのすぐそばでは、
70cmはありそうな大きなモヨウフグが優雅に泳いでいました。
カンムリワシのクチバシのような鋭い歯がありますが、
実際はとっても大人しくてかわいらしい魚です。

【目前に!!…でも、怖くないですよ(^^)】

【目前に!!…でも、怖くないですよ(^^)】

ふと海底のソフトコーラルに目をやると、
真っ黒なウミウサギ貝が食事の最中でした。
モシャモシャおいしそうに、ソフトコーラルをかじっていました。
貝殻の部分を覆っている真っ黒いマントのような外套膜を
そ~っと指でめくると、
白ウサギのような真っ白いきれいな貝殻が現れました。

【黒ウサギ?白ウサギ?】

【黒ウサギ?白ウサギ?】

緊張からか、始めは呼吸が安定せず潜降に苦戦されていましたが、
ひとたび海底まで着いてしまえば、ひと安心(^^)
すぐに感覚を取り戻すことができたようで、
呼吸も安定し、スムースに中性浮力で泳いでいらっしゃいました。

お休みが確定したのがご出発の直前だったそうで、
まだ予定を立てておらず、今回はNo planの旅とのこと(^^)
黒島?小浜島?明日はどこに行こうかな?
そんなことを考えながらの気ままな旅もまた、楽しいですよね。

港から帰る途中、
ススキの穂に似た満開のサトウキビの花をバックに
真っ赤な大きな夕陽がゆっくりと沈んでいきました。

【天気のいい日は、夕日が赤いです】

【天気のいい日は、夕日が赤いです】

up

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL http://www.kamome-kamo.com/kamomediary/wp-trackback.php?p=1482

Back to Top ↑