コンディション良好!…透明度以外は(^^;) 2018年9月3日(月)

ダイビング体験, ファンダイビング

, , , ,

天気 * 晴れ
気温 * 32℃
水温 * 29℃

凪のコンディションです

最近とほとんど風もなく
穏やかなベタ凪の日が多いです。
水面のコンディションは最高ですが…
透明度は少し低めです。

午前のダイビング体験

昨日からご夫婦でご参加いただいているお客様。
ご主人は何度かお越しいただいていますが、
これまでは一日のみのご参加でした。
今回は、初めて2日間続けての出港です♪

【水面は凪、太陽が射し込む最高のコンディション】

朝日が射し込む、目覚めたばかりの海。
寝起きのウミガメたちに会いに行きました。

【今朝は、いつもの場所に3匹のアオウミガメが】

後かやって来たもう一匹アオウミガメに、
「ここは僕の場所だぞ!」と言わんばかりに
場所を横取りされてしまいました(^^;)

【ここは居心地がいいのかな!?】

温かくなり、連日のようにクマノミたちの産卵や
卵の世話をする姿が見られるようになりました。

【卵の世話はオスの役目】

チンアナゴたちは朝食タイム♪
流れてくるプランクトンを追いかけて
長~く背伸びしていました。

【まさにガーデンイール】

呼吸も安定され、中性浮力もバッチリ♪

【青空をバックに】

ちょっぴりお疲れなご主人は船の上で休憩、
奥様は今日も2本目に出発です。

【一面のリュウキュウキッカサンゴ】

洞窟の中を覗いてみると…
テンジクダイの仲間がひしめき合っています。

【天井からの光に照らされて】

岩山の上に隠れて(?)いたのは、
40㎝ほどもある大きなエンマゴチ。

【岩肌そっくり!擬態マスター】

ポイントの名物、ノコギリダイとアカヒメジの群れ。
アーチを作るように歓迎してくれました(^^)

【日光をキラキラ反射させて】

ご主人おひとりでお越しいただくことが多いですが、
今回は念願の(^^)おふたりご一緒のダイビング。
奥様は今までの分も取り返すように
海を満喫されていたようでした。
2日間に渡り、ありがとうございました!

午後のダイビング体験

これまで沖縄本島や宮古島で
ダイビングのご経験がおありというお客様。
3回目のダイビングとなる今回は、
復習を兼ねた基本練習をしてからスタートです。

【真っ白な砂地に太陽の乱反射がキラキラ】

順調に潜行され、スムースに出発です♪
カクレクマノミのイソギンチャクを訪れると、
いつもはもう少し、イソギンチャクの触手に
隠れるようにして泳いでいることが多いのですが…

【よ~く見てみると…】

イソギンチャクのすぐ脇に、
小さなオレンジ色の卵が産み付けられていました。
ちょうど産卵をしているところでした。

【よく見ると、メスのおなかには産卵管が】

人なつっこいハマフエフキ。
ずっとこちらの様子をうかがいながら、
すぐそばをチョロチョロと泳いでいました(^^)

【じぃ…っと観察されています(^^;)】

クライマックスの海中洞窟では大きなアカククリに遭遇しました!
洞窟は落ち着くのか、住みつくようになる魚も多いです。

【天井から陽射しが射し込み、幻想的な景色に】

強烈だった真夏の陽射しから、
少し落ち着いた光が降り注ぐ海の中。
9月に入り、天候も海況もすっかり回復しました。
残りのご滞在も楽しんでくださいね。
本日は、ありがとうございました!

夕方のファンダイビング

最後にダイビングから、
5年のブランクがおありというお客様。
「ほとんど忘れてしまった…(^^;)」ということで、
今日はやさしい浅瀬のポイントからスタートです。

【アップダウンがないで泳ぎやすいポイントです】

「中性浮力が苦手だった(^^;)」とのことなので、
呼吸が乱れないゆっくりした泳ぎを意識していただきます。
中性浮力成功への近道は、
BCDの操作よりもゆったりした呼吸が重要です。

【下を向くとバランスが崩れるのでご注意を!】

少し感覚をつかめてきたところで、
2本目はちょっとだけ深い水深にチャレンジ。
次は、水深13mを目指します。

【シチセンムスメベラが出迎えてくれました】

他のポイントではあまり会える機会が少ない
ちょっと珍しいハナヒゲウツボをご紹介。

【コックンコックンうなずく仕草がかわいいです】

なかなかバランスが保てず、
体が傾いてしまう場面も何度かありましたが…
まっすぐ前を向いて泳げるようになると
バランスも少しずつ安定されてきました♪

【グルクンの子どもたち】

バランスと中性浮力に悩まされた初日でした…(^^;)
明日も“目線の向きは前向きに”がんばっていきましょう。
まずは一日目、ありがとうございました!

Comment : 0

up

Back to Top ↑