Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kamomekamo/public_html/kamomediary/wp-content/plugins/acurax-social-media-widget/function.php on line 458

雲が多めの一日でした 2016年6月30日(木)

ナイトシュノーケリング, ファミリーシュノーケリング, ファンダイビング

, , , , , ,

天気 * はれ
気温 * 34℃
水温 * 30℃

涼しく過ごせた時間帯も

気温は相変わらず34℃と高いですが、
今日の空は久しぶりに雲が多め。
陽射しを遮ってくれたので
意外と涼しく過ごすことができました(^^)

午前のファミリーシュノーケリング

ご家族でお越しいただいたお客様。
お母さんはシュノーケリングのご経験がおありで、
なんと、川で素潜りをされたこともあるそうです!
準備が整ったお母さんは、一足先に海へ♪

昨年の沖縄旅行でもシュノーケリングをされたという娘さん。
その時も、シュノーケルと水中メガネを着けて
上手に泳ぐことができたそうです(^^)

まずは、復習しながら今年もスタート♪
はじめは、ちょっと忘れちゃったかな?思うくらい
緊張されていた娘さんでしたが、
慣れてくると浮き輪につかまってスイスイスイ~♪

【カクレクマノミ、見つけたかな?】

【カクレクマノミ、見つけたかな?】

カクレクマノミやサカサクラゲなど、
次々にかわいい生き物たちと会うことができました(^^)
いつの間にか、不安な気持ちも吹き飛んでしまったようで、
シュノーケルを上手に使って
長い時間、顔をつけながら泳げるようになっていました!

【とっても上手(^^)】

【とっても上手(^^)】

水色のデバスズメダイたちは、朝ごはんの真っ最中。
水面近くのプランクトンを追いかけて
パクパクエサをついばんで夢中で食べていました。

【すぐ目の前で観察できました】

【すぐ目の前で観察できました】

2本目はサンゴの森のエリアへ。
一面に広がる紫色の枝サンゴたち、
太陽を浴びて気持ちよさそうです♪

【いろんな魚たちも集まります】

【いろんな魚たちも集まります】

お母さんは川で鍛えた!?素潜りにも挑戦。
初めて、ウエイトベルトを着けて潜ることにも挑戦されました。

【どこまで潜れるか…!】

【どこまで潜れるか…!】

2本目になると、娘さんもさらに余裕が出てきて、
もう浮き輪から離れてもまったく大丈夫そう!
でしたが…ちょっぴり不安もあるようでした(^^)

陽の光がたっぷりと降り注ぐ中、
鮮やかなサンゴ礁の景色をご覧いただきました。
船の上でお留守番されていたお父さんには、
海のお話をいっぱい聞かせてあげてくださいね(^^)

明日はナイトツアーにご参加いただく予定です。

午後のスキンダイビング/ディープシュノーケリング

カップルでお越しいただいたお客様と午後の海へ。
いつもはシュノーケリングを楽しまれているそうです。
今までにも何度かスキンダイビングに
挑戦されたことがおありだそうですが、
「上手く潜れなかった…」ということで
今日はフォームや息の整え方の練習からスタートしました。

少し練習したら、彼はあっという間に海底まで!
耳抜きもスムースにできていらっしゃいました(^^)

【早くも海底到達♪】

【早くも海底到達♪】

何度も繰り返し海底まで行けるようになったところで、
次は、少し水深の深いエリアへ移動してみましょう。

ちょっぴり不安感がおありだった彼女は
「水面から見ているだけで十分」とおっしゃっていましたが、
スルスルと潜る彼の姿に触発されて(?)
ロープを使った耳抜きの練習をしてみました。

【おふたりでスキンダイビングに挑戦!】

【おふたりでスキンダイビングに挑戦!】

彼は、水深5.5mの海底を目指してさっそく練習開始。
先ほどの浅瀬より息も長く続かせなければいけないので、
潜降中の動きはできるだけ少なく省エネで。

何度か繰り返していると、
ついに海底タッチに成功されていました!

【すでに余裕も出てきています♪】

【すでに余裕も出てきています♪】

耳抜きの練習をしていた彼女も、
ロープを伝って見事海底まで到達されました(^^)

【第一関門は耳抜きです】

【第一関門は耳抜きです】

余裕が出てきた彼は、海中洞窟にも挑戦!
余裕を持って通り抜けていらっしゃいました。

【余裕、余裕♪でした(^^)】

【余裕、余裕♪でした(^^)】

スキンダイビングに挑戦される方に最初に立ちはだかる、
耳抜きの壁も難なく突破されました。
今日のポイントだと記録は5.5mでしたが、
まだまだ深くまで潜れそうでしたよね。

今まで不安感を持ちながらシュノーケリングをされていたという彼女も、
少し自信がついてリラックスして泳げるようになったそうです(^^)

夕方のファンダイビング

ご夫婦でファンダイビングツアーにご参加いただいたお客様。
これまにも、沖縄では慶良間の海で潜られたことがあるそうです。
石垣島では、今回が初めてのダイビング♪
どんな景色と出会えるか、楽しみですね(^^)

新しく器材をご購入されされたばかりで、
今回がmy器材の海デビューだそうです。

1本目は海底温泉のポイントへ。
このところ海水温が高い影響もあってか、
温泉の湧き出し口に手を出すと…
びっくりするくらい熱く感じます(^^;)

【海底から温泉ガスがプクプク。。。】

【海底から温泉ガスがプクプク。。。】

恒例のハマクマノミの『カプッ』。
警戒心の強いハマクマノミのメスは、
ダイバーが棲み家のイソギンチャクに近付くと
「これ以上は近づくなよ…」と甘噛みしてきます。

【もちろん、痛くはないのですが(^^;)】

【もちろん、痛くはないのですが(^^;)】

2本目は、今が見頃の旬のポイントへ。
潜降ロープに沿って海底を目指していると、
早くも何千何万何億匹…のグルクンの子どもたちが出迎えてくれました。
流れに乗ってくるプランクトンを一生懸命食べていました。

【ここまで数が増えるのは今の時季だけ!】

【ここまで数が増えるのは今の時季だけ!】

こちらは、今日最後の食事にありつこうと
近くを通った小魚たちを狙うハナヒゲウツボ。
狩りは上手ではないようですが…
今夜のディナーを無事に確保できるでしょうか(^^;)

【穴から体をビヨ~ンと伸ばして】

【穴から体をビヨ~ンと伸ばして】

こちらも巣穴から体を乗り出して食事中。
チンアナゴがプランクトンを追ってパクパク!

【あちこちからニョキニョキ生えて?います】

【あちこちからニョキニョキ生えて?います】

近付いて行くと…
すぐにサンゴの隙間に隠れてしまうナンヨウハギ。
なかなか表に出てきてくれませんでした(^^;)

【シャイな性格のようです】

【シャイな性格のようです】

初めての自分の器材っていいですよね♪
着けるだけで何だかワクワクしてきて、
いつもと違う景色が見えるような気がします。
NEW器材の扱いにも大分慣れてきていらっしゃいました(^^)

ナイトシュノーケリング

ご夫婦で石垣島旅行にいらしているお客様、
今夜は、以前から興味があったという夜の海へ♪

「夜の海は真っ暗で怖いんじゃ…(^^;)」と
海に入るまでは不安感を持たれていたようです。

実際に海に入ると…
ライトに照らし出された幻想的な夜の海の世界に
不安感もどこかへ飛んで行ってしまったようです(^^)

【独特の雰囲気の夜の海】

【独特の雰囲気の夜の海】

テーブルサンゴの屋根の下で眠るブダイ。
水中ライトの光で照らしてみても、
微動だにせず熟睡中です(-_-)zzz

【ぐっすり熟睡中…】

【ぐっすり熟睡中…】

サンゴの山の上を徘徊中のタコを見つけました。
一瞬で岩肌そっくりの色に変って身を隠してしまいました!

【おもしろいように色が変わります】

【おもしろいように色が変わります】

奥さんが「会ってみたい♪」とおっしゃっていた
コクテンフグともご対面。
寝ぼけてぷぅ~っと膨らみました(^^)

【このまん丸ぷにょぷにょ…かわいい(^^)】

【このまん丸ぷにょぷにょ…かわいい(^^)】

今夜はサンゴの産卵があったようです。
ピンク色の小さなツブツブ卵が流れてきました。

【無事に大きくなるだよ~!】

【無事に大きくなるだよ~!】

水中ライトの光に集まってきたトビウオの赤ちゃんを目当てに、
アオリイカが近付いてきました。
狩りに一生懸命で、こちらにはまったくお構いなし、
すぐ側まで寄ってきました。

【上手にパクッと捕まえます】

【上手にパクッと捕まえます】

イソギンチャクの触手にくるまって
仲良く眠るカクレクマノミの夫婦。

【波のリズムに合わせて揺られています】

【波のリズムに合わせて揺られています】

1、2、3、4…10個近くのイソギンチャクを背負ったソメンヤドカリ。
とっても重そうですが…物凄い速さで走り去って行きました(^^;)

【これだけ背負っていれば安心…?】

【これだけ背負っていれば安心…?】

スキューバダイビングのライセンスをお持ちですが、
10年のブランクがあるそうで、
「石垣島に行ったら久しぶりにやってみたいけど…」と
思案されていたそうです。

悩まれた末…
明後日はダイビングをされることに決定しました!
リラックスして楽しみましょう(^^)♪

Comments : 4

up

Back to Top ↑