いいお天気です 2015年7月26日(日)

ナイトシュノーケリング, ファミリーシュノーケリング, ファンダイビング

天気 * はれ
気温 * 33℃
水温 * 30℃

青空が広がっています

風は少し強めですが、
連日よく晴れた日が続いています。
お天気のいい日が続くと水面の海水温も上がり、
ぬるま湯のように温かくなっているところも。

午後のファミリーシュノーケリング

ご家族でお越しいただいたみなさんと午後の海へ。
みなさん、これまでにもシュノーケリングのご経験がおありなので、
ウエットスーツに着替えたらさっそく泳ぎましょう(^^)♪

【思い思いに…スタート♪】

【思い思いに…スタート♪】

石垣島の海で泳ぐのは今回が初めてだそうなので、
石垣島自慢のサンゴ礁へご案内させていただきました。

【光がたっぷり降り注ぎます】

【光がたっぷり降り注ぎます】

サンゴの群生を取り囲むようにして
アーチを作っておよぐ水色のデバスズメダイたち。
何百匹…?何千匹…?何万匹…!?
いったい何匹いるのか数えきれません(^^;)

【お馴染みの魚ですが…やっぱりきれい!】

【お馴染みの魚ですが…やっぱりきれい!】

こちらも石垣の海の人気者♪
カクレクマノミに会いにサンゴの森まで泳ぎました。

【水面を見上げていました(^^)】

【水面を見上げていました(^^)】

お父さんはスキンダイビングがお得意!
さっきまで水面を泳いでいたのに…どこに行ったの?
いつの間にか海底に(^^)

【】

【】

サンゴの森の中からヒョッコリ顔を出すハマクマノミの子ども。
まるで挨拶をしに来たようにこちらを見つめていました(^^)

【魚たちもお客さんが気になるようです(^^)】

【魚たちもお客さんが気になるようです(^^)】

今日もとってもいいお天気♪
泳いでいると所々温かい海水が流れ込んで来たところがあり、
ウエットスーツを着ていると暑く感じるくらいでした。

【陽の光がキラキラ!】

【陽の光がキラキラ!】

2本目は少し深い水深のポイントへ移動しました。
海底を見下ろすと空を飛んでいるような絶景です。

【浅瀬とまた違った雰囲気】

【浅瀬とまた違った雰囲気】

風の影響で少し波がありましたが…
初めての石垣島の海はいかがでしたでしょうか(^^)
この後のご旅行も楽しんでくださいね♪

夕方のファンダイビング

今日から3日間の日程で、
ファンダイビングツアーにご参加いただく予定のお客様。
石垣島の海でのダイビングは今回が初めてということです。
ご到着日の今日は地形ポイントからスタートです。

【ブルーの光が射し込みます】

【ブルーの光が射し込みます】

サンゴ礁の壁にいくつも開いている横穴の洞窟の探索へ。
イセエビがたくさん棲んでいる洞窟もあります。

【壁面からヒゲがニョキッ!】

【壁面からヒゲがニョキッ!】

海底の石の隙間から伸びる不思議な白い紐…
正体はフサゴカイという海に棲むミミズのような生き物の触手です。
本体は海底に穴を掘って隠れていて、
エサを採るために触手を張り巡らせているのだそうです。

【不思議な生き物です】

【不思議な生き物です】

2本目は海底温泉のポイントへ。
『この温泉を竹富島に汲み上げて、島内観光の資源として活用しては』
…という話が出ているそうです。
まだいくつも課題があるそうですが、もしその話が進んで実現すると、
ダイビングポイントとして潜れなくなってしまうのでは…と少し心配です。

【ちょっと待ってください…(^^;)】

【ちょっと待ってください…(^^;)】

ポイント周辺の海底からは、
メインの源泉以外にも至る所から温泉が湧き出しています。
ガスが湧き出しているエリアでは
プクプクと泡のカーテンが水面を目指して立ち昇ります。

【光を反射してきれいです】

【光を反射してきれいです】

食欲旺盛なグルクンの赤ちゃんたち!
元気にプランクトンを追いかけています。
夏のはじめに見た頃に比べると、
体が倍近く大きくなりました。

【いっぱい食べて成長中!】

【いっぱい食べて成長中!】

細長~い不思議な形のヘラヤガラ。
近づいていくと狭い隙間にも難なくスルっと入っていきました。

【そのためか!?】

【そのためか!?】

海底温泉の周りは一面のサンゴ礁です。
石垣島の周辺に生息するサンゴのうち、
ほとんどの種類をここで見ることができます。

【何種類いるのかな?】

【何種類いるのかな?】

船の下に戻って安全停止の時に水面を見上げると、
海の中からでも西の空に傾き始めた夕日がきれいでした。

【海の中から夕陽を見ます】

【海の中から夕陽を見ます】

今日からスタートの石垣島ダイビング旅行♪
どんな景色に出会えるか楽しみですね(^^)

ナイトシュノーケリング

カップルでご参加くださったお客様と、夜の海へ。
まず姿を見せてくれたのは、
夜の海ではお馴染みのコクテンフグです。
そ~っとすくってもまだ気が付かず寝ボケていました(^^;)

【おっとりコロコロ癒されます(^^)】

【おっとりコロコロ癒されます(^^)】

浅瀬でワサワサと動く白い影…
よ~く目を凝らして見ると、
1mはありそうな大きなマダラトビエイでした。
普段こんなに浅いところで見かけることはないのですが、
モゾモゾと海底の砂を巻き上げているところを見ると、
どうやらエサを求めているうちに迷い込んできたようです。

【こんな浅瀬まで来てしまったよう…】

【こんな浅瀬まで来てしまったよう…】

こちらもエサを求めて徘徊中のハナミノカサゴ。
時々立ち止まっては、小魚が隠れていそうな穴をのぞき込んでいました。

【夜なのに寝ないのかな?】

【夜なのに寝ないのかな?】

長~い体のアオヤガラはぐっすり眠っています。
昼間は警戒心が強くて近づくとすぐに逃げてしまいますが、
眠っている間は真上に行っても気が付かず、逃げません。

【堂々と寝ているけど…細いから目立たないのかも】

【堂々と寝ているけど…細いから目立たないのかも】

岩の亀裂の間では、大きなイセエビがモゾモゾ…。
昼間は穴の奥深くに潜んでいますが、夜になると徘徊を始めます。

【夜になると活発に動き始めます】

【夜になると活発に動き始めます】

海草の切れ端やサンゴのカケラなどをてっぺんにのっけて
体を隠しているシラヒゲウニたち。
中にはゴミをのっけているおもしろいコもいます(^^)

【個性的…】

【個性的…】

今夜は月が明るく、満点の星空とはいきませんでしたが、
いくつかの明るい星座を見ることができました。

Comment : 0

up

Back to Top ↑