スコールで少し涼しく… 2015年7月15日(水)

ダイビング体験, ファンダイビング

, , ,

天気 * はれ
気温 * 32℃
水温 * 30℃

晴れ時々雨

穏やかな凪の日が続いています。
水面はガラスのようなピタっと波がなく、
船の上からでも海の中の様子を見ることができました。
時折灰色の雲が押し寄せて、ザーッとスコールを降らせます。
暑い地上も、少しクールダウンしてくれました。

【海底のダイバーもはっきり見えます】

【海底のダイバーもはっきり見えます】

午前のダイビング体験

お友達同士でスキューバダイビングに挑戦されるお客様。
以前にもダイビングのご経験がおありということなので、
覚えていらっしゃることも多いと思います(^^)

出港前に耳抜き・呼吸・マスククリアを練習して、
水中での意思疎通のサインを確認したらさっそく海へ♪

海底に着くと、川のような流れが発生中でした。
ここのポイントでは、1年に数日ほどこのような日があります。

この流れに乗ってプランクトンが流れてきて
サンゴの山の周りにたくさん集まるので、
それを食べるために水色のデバスズメダイたちも大集合!
何千匹と集まるデバスズメダイの大朝食会の様子を見られる機会は、
石垣島の長い夏の間でもそう多くはありません。
何度見てもワクワク興奮してしまいます♪

【目の前を塞ぐほどの大です!】

【目の前を塞ぐほどの大です!】

さらに、そんなデバスズメダイを狙って、
サンゴの山の麓にはハナミノカサゴも来ていました。
長~いヒレを全開にして狩りの準備をしていました。

【ヒレを広げて追い込む狩り方法です】

【ヒレを広げて追い込む狩り方法です】

デバスズメダイたちの大乱舞に誘われてか、
ブダイやベラたちもなんだかそわそわしているようで
いつもにも増して元気に泳ぎ回っていました。

【みんな元気いっぱいです(^^)】

【みんな元気いっぱいです(^^)】

一時はバラバラになって解散したかに見えたボラの群れは、
復活したようでまた見応えのある大きな群れになりました。

【体長30㎝ほどあるので、迫力があります】

【体長30㎝ほどあるので、迫力があります】

この時季は特別に賑やかな朝の海の中。
今朝もたくさんの魚たちに出会えました(^^)

午後のファンダイビング

昨日から2日間のご日程でご参加いただいている、
アメリカからお越しのご夫婦のお客様。
奥さんは深い水深でのダイビングがお好きだそうなので、
今日の1本目は深場のポイントへ行ってみましょう♪

岩山には、たくさんのテンジクダイの仲間が集まっています。
それを狙って、ハナミノカサゴもたくさん集まって来たようです。
長いヒレを広げて、みんな協力し合って追い込み漁をしていました。

【この一帯だけでも、様々なシーンが見られます】

【この一帯だけでも、様々なシーンが見られます】

魚たちの体のそうじをしてくれる、
クリーナーシュリンプのアカシマシラヒゲエビ。
岩の亀裂の前に手をそっと置くと、
スルスルっとやって来て手の上にチョコン!
指先をコショコショとそうじしてくれました(^^)
隣ではユカタハタが口を大きく開けて、
そうじしてもいらって気持ちよさそうでした。

【こそばゆいことはありますが、痛くはないですよ(^^)】

【こそばゆいことはありますが、痛くはないですよ(^^)】

2本目はウミガメたちの休憩スポットへ。
今日は2匹のアオウミガメに会うことができました。
前足を背中にまわしてポリポリの掻くような仕草がかわいいです(^^)
たまにするこの仕草には、何か意味があるのでしょうか?

【背中が痒い…のかな?】

【背中が痒い…のかな?】

頭を下にして、逆立ち泳ぎをするへコアユ。
ペッタコで刀のようなおもしろい形をしています。
長いくちばしのような口をパクッと動かして
流れてくるプランクトンを食べていました。

【みんなで踊っているような、不思議なリズムで泳ぎます】

【みんなで踊っているような、不思議なリズムで泳ぎます】

アカネハナゴイたちが泳ぎ回り、
辺りはオレンジ色の花吹雪が舞っているかのよう!
いくつかの群れは肉食魚に食べられてしまったのか
数が少なくなっているグループもありますが、
ここはまだ日に日に増えていっているような…。

【大小入り混じって泳いでいます(^^)】

【大小入り混じって泳いでいます(^^)】

2日間の石垣島ダイビングは無事終了です。
いつかお子さんも一緒に、3人で潜れる日が楽しみですね(^^)

Comment : 0

up

Back to Top ↑