穏やかな凪の海 2015年7月14日(火)

ビーチシュノーケリング, ファンダイビング

, , , ,

天気 * はれ
気温 * 32℃
水温 * 30℃

時折灰色の雲が…

穏やかな凪の海です。
水面が鏡のように穏やかなので、
空がそのまま水面に映っていました。
ここまで穏やかな海況の日は、
夏の間でも数えるほどしかありません。

【イラストみたいな雲!】

【イラストみたいな雲!】

午後のファンダイビング

アメリカからお越しのお客様とお昼の海へ。
4、5年に一度のくらいのペースで、
石垣島へダイビング旅行にいらしているとのことです。
最後に潜られてから少し間か開いているそうなので、
まずは、ゆっくり調子を整えながら始めましょう♪

1本目は、世界的にも珍しい海底温泉のポイントです。
冬に訪れるとポカポカ温かい40℃の温泉も、
夏は熱く感じてしまうくらいです。

【温かいお湯と気泡が海底から湧き出します】

【温かいお湯と気泡が海底から湧き出します】

温泉を満喫して船に戻ると、
ハシゴの横にアオリイカのかわいい赤ちゃんが(^^)
夏になると、こんな思いがけない出会いの機会も多くなります。

【ニッコリしているような目がかわいいですね(^^)】

【ニッコリしているような目がかわいいですね(^^)】

2本目は、海中洞窟のポイントへ行きました。
今日はそれぞれ違った景色の3つの洞窟を探索しました。

【ブルーの光が射し込みます】

【ブルーの光が射し込みます】

洞窟の中ではイセエビに会いました。
壁の穴から、白いひげをニョキッと出しています。

【昼間は穴の中に隠れていることが多いです】

【昼間は穴の中に隠れていることが多いです】

こちらのポイントは、ややウネリがありました。
洞窟の中にまで影響があり、体が前に行ったり後ろに行ったり…
ウネリに合わせでブランコのように体が揺さぶられてしまいます。
普通は嫌がられるウネリですが、奥さんはそれが楽しかったそうです(^^;)

【入口付近には、リュウキュウハタンポの群れが】

【入口付近には、リュウキュウハタンポの群れが】

ブランク明けのダイビングでしたが、
無事に2本潜っていただくことができました(^^)
明日もお天気が良さそうですよ。

ナイトシュノーケリング

2年前にもナイトツアーにご参加いただいたことのあるお客様と、
穏やかな夜の海へと出掛けました♪

ウエットスーツを着て準備が整う頃には
次第に空も暗くなってきて、
一番明るい金星とお隣の木星が輝き始めました。

夜の海の見どころの一つは、魚たちの眠る姿。
まずは、岩の隙間にすっぽりと収まって眠るオジサンを発見しました。
昼間は2本の長いヒゲをせわしなく動かしているオジサンも、
夜はライトの明かりにも気づかずにぐっすり眠っていました。

【眠るオジサン】

【眠るオジサン】

背負った貝殻の上に、さらに大きなイソギンチャクを
3つもくっつけているソメンヤドカリに会いました。
見るからに重そうですが、そんなことはものともせず、
ものすごい速さで走り去っていきました。
ヤドカリ界ナンバーワンの俊足自慢です。

【ヨッタヨッタと歩きそうなイメージですが…】

【ヨッタヨッタと歩きそうなイメージですが…】

手の平にちょこんと乗っかってきたミミイカの仲間。
こんなに小さいですが、これでも立派な大人です(^^)

【キラキラ不思議な色に輝きます】

【キラキラ不思議な色に輝きます】

鮮やかな緑色の顔を穴から出して眠るブダイ。
いつもはせわしなくピュンピュン泳ぎ回るので、
こんなにゆっくり観察できるのも夜ならではです。

【体色が昼間とは少し変わります】

【体色が昼間とは少し変わります】

今日も天の川や流れ星、数えきれない星座たちがキラキラ☆
海の中では、今まででも見たこともないほど
たくさんの夜光虫たちが淡い緑色に輝いていました。

「前回の夜の海で出会ったフグやハリセンボンにまた会いたい」と
リクエストをいただいていたのですが…今日に限って会えませんでした(-_-;)
夜の海では、必ずと言っていいほど毎回会えていたのに…。

Comment : 0

up

Back to Top ↑