Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kamomekamo/public_html/kamomediary/wp-content/plugins/acurax-social-media-widget/function.php on line 458

早起きのご褒美♪ 2013年7月1日(月)

シュノーケリング, スキンダイビング/ディープシュノーケリング, ファンダイビング

, ,

天気 * 晴れ
気温 * 33℃
水温 * 28℃

日焼けにお気を付けください!

お隣の庭のヤシの木に花が咲いて、
チョウチョがたくさん集まっていました。

早朝のシュノーケリング

海の上の虹

【虹♪】

今朝はいつもよりちょっと早めの出港です。
ご家族とご一緒に石垣島旅行にいらした姉妹のお客様、
「石垣島を発つ前にどうしてもシュノーケリングを」とお申込みくださいました。
ところが、あいにくスケジュールに空きがなく、陽が昇ると同時にスタートして、
少しの時間でしたが泳いでいただくことができました(^_^)

総長の海

【1日の始まり】

随分早く出港したつもりでしたが、
ネッタイスズメダイたちはもっと早起きだったようです。
陽が昇ったばかりだというのに、もうすでに元気いっぱい!
枝サンゴの隙間から飛び出して、朝食の真っ最中でした。

ネッタイスズメダイ

【朝ごはん中】

石垣島の海の夏の名物・キビナゴノ赤ゃんたちも、
ネッタイスズメダイたちに負けず劣らず早起きです。
銀色のちっちゃな体に朝日をキラキラと反射させて、
河の流れのように何度もいったり来たり泳いでいました。

キビナゴの群れとシュノーケラー

【夏の名物】

夜の海で魚たちが眠りに着く様子はよく観察しているのですが、
早朝の魚たちがどんなふうに目覚めているのかは
観察する機会がないのであまりよく分かりません。
イソギンチャクやサンゴの隙間から
ムクムク…ッと起き出してくる様子もいつか見てみたいです。

ブルーの海に映えるリュウキュウイソバナも
水面から射し込む日の光を受けてさらに鮮やかな赤色に♪

リュウキュウイソバナ

【朝日を浴びて】

久しぶりの早朝の海は、すがすがしい空気が新鮮でした。
昼間の暑い夏の陽射しの中で海に飛び込むのも気持ちがいいですが、
こんな涼しい風が吹き抜ける朝の海もまた、とても気持ちよかったです。

午前のファンダイビング

午前中は、昨日からお越しいただいているお客様とファンダイビングへ。
昨日はシュノーケリングでウォームアップされたので、
緊張と体がほぐれたところで、今日はいよいよ本番のダイビングです♪
2年前のダイビング体験で潜られて以来の石垣島の海の中です。

幼魚たちの群れ

【夏の風景】

さっそく浅瀬の海で出迎えてくれたのは、
ピコピコと逆さまになって泳ぐサカサクラゲです。
毎年この時期になるとやってきて、
しばらくの間かわいい姿を見せてくれます。

サカサクラゲ

【ピコピコ】

海の底から温かい温泉が湧き出る海底温泉のポイントは
やや水深が深くて少し難しいのでダイビング体験では潜りません。
お客様は以前ダイビング体験にお越しいただいた後、
ダイビングライセンスを取得されたそうです。
今回はファンダイビングでのご参加なので、
さっそく海底温泉も初体験です(^_^)

そこかしこから温泉ガスがプクプク湧き出ていて、
小さな丸い泡が光を浴びて宝石みたいにキラキラ輝きながら
水面を目指して上がっていきます。

温泉ガス

【ガスのカーテン】

この辺りに棲んでいる魚たちの体のクリーニングを
一手に引き受けている大忙しのスザクサラサエビ。
いつもは魚の体に付いたゴミや藻などをきれいに取っていますが、
時にはダイバーの手の甘皮まできれいにしてくれる親切な?働き者です。

クリーナーシュリンプ

【海のネイリスト】

ライセンスを取られてから、初の石垣島でのファンダイビングは無事終了!
また明日はどんな景色に出会えるでしょうか(^_^)♪

夕方のディープシュノーケリング

夕方からはカップルのお客様とディープシュノーケリングへ。
去年もおふたりでお越しいただいたので、
今日は前回とはちょっぴり違う海の景色を泳ぎましょう。

シュノーケリングの様子

【浅瀬を探索】

「素潜りの練習がしたい」ということで、
今日は水深が深めの断崖絶壁の山あり谷ありのポイントをチョイス。
最大水深は27mです。

ディープシュノーケリングの様子

【ディープな海へ】

大きな夜光貝を見つけました(^_^)
サザエの仲間なのでサザエがそのまま大きくなったような形をしています。

夜光貝

【大きな貝を見つけました】


キビナゴノ赤ちゃんたちが大きな群れを作って
何度も何度もシュノーケラーの下を通り過ぎて行きました。
小さな魚たちが集まって長~い隊列を作って泳いでいると、
まるで1匹の大きな竜が悠然と泳いでいるかのようです。

キビナゴの群れ

【キビナゴの群れ】

休憩中のウミガメにも遭遇しました。
いきなりの訪問で驚かせてしまったようで、
追いつけないほどのものすごいスピードで
あっという間に泳ぎ去って行ってしまいました。

シュノーケリングが終わる頃、
水平線に沈みかけた太陽が水面を照らし、
海はキラキラと黄金色に輝いていました。

Comment : 0

up

Back to Top ↑