時折、雨がポツポツと 2017年8月26日(土)

シュノーケリング, ナイトシュノーケリング, ファミリーシュノーケリング, ファンダイビング

, , , ,

天気 * はれ
気温 * 33℃
水温 * 30℃

雨がパラつく時間帯も

日中は雲が多い時間帯もありましたが、
夕方から夜にかけては雲が晴れ、
きれいな夕焼け空を見られました。

【日没が少し早くなりました】

午前のファミリーシュノーケリング

ご家族で石垣島をご旅行中というお客様。
海が苦手というお父さんはホテルでお留守番で、
今朝はお母さんと娘さんでシュノーケリングへ♪

昨日もホテルのビーチで泳いでらしたというおふたり、
無事にシュノーケリングデビューを果たされたそうです(^^)
ただ、泳ぎ方が分からず「ヘトヘトになった(+_+)」そうなので、
今日は楽な浮かび方とフィンの使い方を少し練習してから泳ぎましょう♪

【ハシゴを離れるとすぐに、デバスズメダイたちが出迎えてくれました♪】

船から少し離れたイソギンチャクに棲んでいる
カクレクマノミのところまで泳いで会いに行きました。

【皆様でこちらを見ておられます…】

海底の砂をワサワサと巻き上げると、
ミツボシキュウセンたちが集まってきました。
巻きあがる砂の中に紛れている小さなエサがお目当て…
ちょっとチャッカリ者ですが、賢いですよね(^^)

【そして来てくれるとうれしい(^^)】

2本目はサンゴの群生ポイントへ。
今年も昨年と同様に石垣島への台風接近が少なく、
浅瀬の海水温はぬるま湯のようなところもあります。
昨年の白化現象を乗り越えて復活したサンゴたちですが、
また少し弱って色が抜けかけているサンゴがあるのが気になります。

【海水温が落ち着くまで持ち堪えてほしいです】

クマノミ、ハマクマノミ、カクレクマノミ、
そして背中に白いラインの入ったセジロクマノミ。
今日は4種類のクマノミの仲間に会いました(^^)

【日本で会えるクマノミは全部で6種類です】

今日は異なる2か所のポイントで泳いでいただきましたが、
昨日のような疲れはなかったそうです。
おふたりとも上手に泳いでいらっしゃいました(^^)

この後も、夏の石垣島を楽しんでくださいね。
ありがとうございました!

午後のファンダイビング

今日は約5年ぶりと久々のダイビングにお越しいただいたお客様。
「まずは浅瀬の易しいポイントから」とリクエストをいただき、
太陽の光が降り注ぐ砂地のポイントからスタートです♪

「耳抜きが苦手…」とおっしゃっていたので、
いくつかのポイントに気を付けていただいて
今日はスムースに海底まで到着されました(^^)

【カクレクマノミたちがお出迎え♪】

おふたりともすぐに感覚を取り戻され、
しっかり中性浮力で泳いでいらっしゃいました。

【思った以上に体が覚えているものですね】

浅瀬で感覚を取り戻されたところで、
次は少し深い岩山まで行ってみました。
お目当てのウミガメは…
眠そうに眼をシバシバさせていました(^^)

【のんびり休むアオウミガメ】

今日は久しぶりにタコの交接シーンを観察できました。
オスが長い腕を伸ばして
メスに精子を渡してる最中です。

【タコ2匹…どこにいるか分かりますか!?】

海底に目線を移してよ~く目を凝らすと、
一面に星の砂と太陽の砂が散らばっています。
実際は、砂ではなくて生き物です。

【こちらはタイヨウノスナ】

2本目になるとすっかりブランクが感じられないくらい
見事な中性浮力で泳いでいらっしゃいました。
次回はぜひあまり期間が空かないうちに
ダイビングの機会があるといいですよね(^^)
ありがとうございました!

ナイトシュノーケリング

石垣島にはこれまで10回以上お越しになっているというお客様。
周辺の離島を巡り、島内の観光も一通り回られたそうで、
今夜は未経験の夜の海の世界へお越しくださいました(^^)

昼間のシュノーケリングは毎回されているそうで、
夜の海でも不安もなくリラックスされていました(^^)

【まずは眠るカクレクマノミを観察】

いつものベッドで今夜もぐっすり眠るブダイ。
毎晩同じ場所で眠っています(-_-)zzz

【ここがお気に入りの寝床のようです】

夜になると活発に動き始めるタコたち。
エサを探して奔走していました。

【天敵たちが眠ると、活動を始めます】

夜の海のアイドル、コクテンフグ。
いつもは何も隠れるところがないような
開けた場所でポツン…と堂々と(?)眠るのですが、
今日は珍しくエダサンゴの奥に入り込んでいました。

【どんな心境の変化が…!?】

紫外線に反応して蛍光に光るサンゴや、
暗闇の海の中で蛍のように瞬く夜光虫、
夜空に星座に水面にキラキラ映る月明り…
夜の海ならではの景色にたくさん出会いました。
これも、石垣島のいつもとちょっと違う一面です。
ありがとうございました!

Comment : 0

up

Back to Top ↑