梅雨空カムバック 2019年6月1日(土)

スキンダイビング/ディープシュノーケリング, ナイトシュノーケリング, ファンダイビング

, , ,

天気 * 曇りのち雨
気温 * 29℃
水温 * 28℃

グズついたお天気に

今年の梅雨は、
数日晴れて数日曇る…の繰り返し。
今日はグズついたお天気です。

そうこうしているうちに、
梅雨明けを告げる『ハーリー』が近付いてきました。
海人の伝統行事、『ハーリー』は
サバニと呼ばれる伝統漁船を漕いで競争します。
昔から、ハーリーの鐘が鳴ると梅雨が明けると言われていて、
確かにこの時季に梅雨が明ける年が多いようです。
各港では出場者たちの練習が始まっています。

小さなサンゴの保育園には、
今年も新入生がいっぱいです。
ここには、ミスジリュウキュウスズメダイ、
キンセンイシモチ、ニセネッタイスズメダイの赤ちゃんが。
もうすぐ夏がやって来ます(^^)

【小さいうちだけ集まって過ごします】

午前のファンダイビング

昨日はナイトツアーにご参加くださったお客様(^^)
本来は、今日のご予定は白紙だったそうですが、
「せっかくライセンスを取ったので」ということで
今日は急きょ、初めてのファンダイビングをされることに。

「耳抜きが苦手…(^^;)」
「浅瀬で浮きやすく、浮力の調節が難しい…」
講習の際に躓いた点を改善できるように、
ポイントをアドバイスさせていただきました。
もちろん講習ではないので、楽しみながら(^^)♪

【耳抜きは滞りなく海底まで到着!】

ついこの間まで、何万匹といたスカシテンジクダイの赤ちゃんたち。
ガラスのように透き通った体がキラキラしてきれいでしたが、
大きな魚たちに食べられてしまったのか
数が半分くらいに減ってしまっていました。

【前回よりも少なくなってしまいました】

こちらは今シーズ期待のスポット!
ヨスジフエダイの大きな群れが
ひとつの生き物のように形を変えながら泳いでいます。

【数が減ることなく今シーズンを乗り切ってほしい…!】

今回のご来島中に取得された
オープンウォータダイバーライセンスで潜ることができる
最深の水深18mにある海底温泉へご案内しました。

【寒がりさんには嬉しい湯音約40℃】

泡風呂、砂風呂、泥風呂へと、
海底温泉巡りの50分間♪

【こちらは泡風呂エリア】

BCDに頼らず、肺への空気の出し入れで
中性浮力が調節できるようになられました。

【これで怖いものなし(^^)】

最後は冒険気分で海底洞窟を探索♪

【中には沢山のイセエビが…】

1本目から耳抜きのコツはマスターされ、
講習の時のような耳の違和感もなかったようです。

浮力の調節は『焦らずに…』(^^)
浮き始めると焦って息を止めてしまい、
もがいて更に力んで息を止めてしまって
肺の中が空気でいっぱいになり、
シュッーっと水面目がけて上がっていく…
というのがよくある悪循環のパターンです。

BCDの空気を抜くより先に
息を吐いて肺を小さくすれば、
浮上速度をコントロールすることができます。

次回のご予約はすでにいただいるので、
梅雨も明けた夏本番の季節にまたお会いしましょう(^^)
2日間に渡り、ありがとうございました!

ナイトスキンダイビング/ディープシュノーケリング

3年ぶりにお越しくださったお客様(^^)
当時はまだスキンダイビングを始められたばかりでしたが、
この3年でツアーにご参加されたり、
プールでの練習に励まれていたようです。

今回はお友達とご一緒にお越しいただき、
まずは夜の海へご案内しました(^^)

水中ライトに照らされて登場したのは、
50㎝はありそうな大きなイセエビ!
この種でここまで大きなイセエビは初めて遭遇しました。

【堂々としていて、貫録十分!】

ずっしり巨大な夜光貝を発見。
持ち上げると体が沈んでしまいそう!?

【サザエの仲間】

曇り空であまり期待はしていませんでしたが、
ふと見上げると、満天の星空が広がっていました。
最近は夜も曇っていることが多いので
星空を見上げる機会は少なくなっていましたが、
すっかり夏の星座に変わっていました。
久し振りに南十字星も見られました。

海の中では、夜光虫たちも
星に負けない瞬きを見せてくれました。
明日は昼間の海にご案内させていただきます。

まずは一日目、ありがとうございました!

Comment : 0

up

Back to Top ↑