太陽は暖かいですが…北風ぴ~ぷ~ 2018年11月15日(木)

スキンダイビング/ディープシュノーケリング, ファンダイビング, 未分類

, , , ,

天気 * 晴れ
気温 * 25℃
水温 * 25℃

北風が冷たいです

今日は少し気温が下がり、
冷たい北風が吹いていました。
特に夜は気温がグっと下がって
濡れた体には冷たい風が堪えます(^^;)

午前のファンダイビング

今回は、ライセンス講習をご受講いただいた彼と
ご一緒のダイビングからスタートして、
ダイビング三昧のお客様です(^^)

あっという間に、今日は最終日。
ナイトも、含め3ダイブのご予定です。

まずは、秋になってもまだまだ旬♪
アカネハナゴイ&キンギョハナダイの群れを観察しました。

【いつまでも見ていられます…】

小さなハナゴイたちの群れの側には…
必ず現れるハナミノカサゴ!
今日も長いヒレを大きく広げて
ゆったりと狩りをしていました。

【優雅に泳いでいるように見えますが、狩りの真っ最中!】

今日のテーマは“群れ”。
2本目は巨大コモンシコロサンゴの群落で
何億匹ものスズメダイたちの群れと泳ぎました。

【サンゴの大きさにも群れの大きさにも圧倒されます】

穴の中から顔をのぞかせるタコを発見…。
こちらに気が付くとジロっと見つめて
腕を伸ばしてきました(^^;)

【好奇心旺盛ですね(^^;)】

同じ種類のクマノミなら
ラインの入り方は普通は同じですが、
イレギュラーなラインの持ち主を発見!
背中に一直線のラインが特徴のセジロクマノミ、
こちらは額にも横のラインが一本あります。

【眉毛模様のセジロクマノミ】

一旦戻って休憩を挟んでから、
今夜も夜の海へと再び出港の予定です(^^)

午後のスキンダイビング/ディープシュノーケリング

石垣島に移住されて2か月目というお客様。
シュノーケリングには何度かお出掛けされたそうで、
今日はスキンダイビングに初挑戦されます。

【気持ちのいいスタートです】

少し足に力が入っていたので、まずはフィンワークの練習を。

【デバスズメダイたちの群れと】

続いて、シュノーケルの中に入ってしまう海水を
吹き飛ばすシュノーケリクリアも練習していただきました。
普通に泳いでいる時は
シュノーケルに海水が入ることはあまりありませんが、
スキンダイビングでは海の中まで潜るので
上がった直後はシュノーケルの中に海水が入っています。
その海水をヒュッと吹き飛ばす方法です。

耳抜きや潜降フォームをマスターしたら、
さっそく海底目指してダイブです♪

【カクレクマノミのところまで!】

少しずつコツをつかまれて、
目標の水深5mに見事に到達成功されました!

【思ったより深く感じて少し焦ったそうです】

耳抜きもお上手で息も長くこらえられるので、
まだまだ深く長く潜れそうです!…が、
すぐ上がりたくなってしまうそうです(^^;)
心理的なストレスも関係あるのかもしれませんね。

【太陽がキラキラ…無理なく楽しく♪】

また機会がありましたら
挑戦されてみてくださいね(^^)
本日はありがとうございました!

ナイトダイビング

午前中のダイビングの後、
休憩を挟んで再びご参加いただいたお客様(^^)
昼間の海以上に…大好きという夜の海へ出発です♪
これが今回のご滞在ではラストダイブです。

今夜は陽が沈むと一気に気温が下がり
肌寒くなりましたが、
中に入ると思いの外快適でした(^^)

【夜の温泉は風情があります】

気持ちよく入浴しているアオウミガメに遭遇。
あまりダイバーに慣れていないコのようで、
驚いて逃げて行ってしまいました。

【背中に3匹のコバンザメは…さすがに重そう(^^;)】

今まで出会ったことがないくらい、
巨大なウミガメもう1匹登場!
驚いてこちらにパニックになり、
こちらに向かってきました…!
何も攻撃なんてしてこないことは分かっていますが、
そのあまりの巨大さにちょっと怖かったです(^^;)

【甲長1mはあったも…】

仲良く寄り添って眠る
ヒメアイゴのカップル(^^)

【ぐっすり熟睡です…zzz】

お気に入りのサンゴの屋根の下で
ブダイもぐっすり眠っていました(-_-)zzz

【毎晩同じ場所へ眠りにくるようです】

サンゴのベッドに寄りかかって眠るヘラヤガラ。

【波に揺られてユラユラ気持ちよさそう】

グルクンたちは昼間のブルーから
夜のパジャマに着替えて真っ赤に変身です。

【暗い海ではこの方が目立たないよう】

今回は1週間に渡ってご参加いただき、
ありがとうございました!
彼も見事にライセンス講習を修了され、
これからの楽しみの幅がますます広がりましたね♪

また来年、お待ちしています(^^)
少し早いですが…よいお年を♪

Comment : 0

up

Back to Top ↑